@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

虞美人草【グビジンソウ】

デジタル大辞泉

ぐびじん‐そう〔‐サウ〕【虞美人草】
ヒナゲシの別名。虞美人が自決したときの血が、この花になったという伝説がある。 夏》
[補説]書名別項。→虞美人草

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐびじんそう【虞美人草】[書名]
夏目漱石小説。明治40年(1907)発表。自我の強い高慢な女藤尾を通して、利己道義相克を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

虞美人草
1935年公開の日本映画。監督:溝口健二原作:夏目漱石による同名小説、脚本:高柳春雄、潤色:伊藤大輔、撮影:三木稔。出演:夏川大二郎、月田一郎、武田一義、大倉千代子、二条あや子、三宅邦子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虞美人草
日本のポピュラー音楽は女性演歌歌手、長保有紀。1993年発売。作詞:鳥井実、作曲:深谷昭。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

虞美人草 (グビジンソウ)
植物。ケシ科の一年草,園芸植物,薬用植物。ヒナゲシの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐびじん‐そう ‥サウ【虞美人草】
[1] 〘名〙 植物「ひなげし(雛罌粟)」の異名。《季・夏》 〔元亀本運歩色葉(1571)〕
[2] 小説。夏目漱石作。明治四〇年(一九〇七)発表。自我の強い高慢な女主人公藤尾の失恋を通して、利己と道義の相克を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虞美人草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虞美人草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation