@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

虫こぶ【むしこぶ】

世界大百科事典 第2版

むしこぶ【虫こぶ insect gall】
動物が植物に寄生,共生し産卵した結果,植物体の一部が,こぶ状に発育したもの。虫癭(ちゆうえい)ともいう。虫こぶを作る動物は99%が昆虫で,ほかにダニ,クモ,糸状虫がある。とくにブナ科植物に作るインクタマバチの虫こぶを没食子,ヌルデ属植物に作るアブラムシ類の虫こぶを五倍子と呼び,タンニンの原料とする。しかし,作物,果樹にできた虫こぶは,生育の妨げとなる。例えば,ブドウネアブラムシ,タマナコフキアブラムシ,モモコフキアブラムシ,モモコブアブラムシ,クワシントメタマバエ,マツシントメタマバエ,クリタマバチなどによるものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

虫こぶ
むしこぶ

おもに昆虫が産卵、寄生することによって植物体組織が異常肥大成長してできるこぶ。虫(ちゅう)えいともいう。細菌・菌類による菌えいとともに「えい瘤(りゅう)」とよばれることもある。こぶの典型的なものでは、中央の空間に虫が生息し、周囲は厚い組織に発達する。枝、茎、葉のほか、根、花、芽および果実にも形成される。奇形への誘発は、寄生者の分泌する物質による細胞の増殖と分化の異常、局部組織におこる生理調整の破綻(はたん)などが考えられている。クリタマバチのこぶでは植物ホルモンであるオーキシンの含量が高い。こぶをつくる虫には、ワムシ、線虫、クモ、ダニもあるが、昆虫が圧倒的に多い。なかでも、膜翅(まくし)目のタマバチ科と双翅目のタマカ科の昆虫類は、虫こぶの本質からも、実用面からも、もっとも重要である。前者では複雑な形のこぶ、後者では変異に富んだこぶが多い。

 有用な虫こぶとしてよく知られるものに、没食子(もっしょくし)(小アジア産のカシの枝にできるインクフシバチによるこぶ)、五倍子(ごばいし)(ヌルデの葉にできるアブラムシによるこぶ)があり、いずれもタンニンの材料として用いられる。しかし、農林業に与えている害のほうが、有用なものよりもはるかに大きい。クリタマバチは、クリの新芽に指先大のこぶをつくって成長を著しく阻害し、実の着生を皆無にする。この虫こぶは1941年(昭和16)に初めて岡山県に発生し、以来、全国に広がった。なお、チシマザサやアズマザサなどの葉に、ササウオタマカが産卵、寄生してできるこぶは、魚のようなかっこうになるので笹魚(ささうお)とよばれる。

[斎藤 紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

虫こぶ
むしこぶ
虫癭」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虫こぶ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虫こぶの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation