@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

虫めがね【むしめがね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

虫めがね
むしめがね
物体を拡大して観察するための凸レンズのこと。拡大鏡またはルーペLupe(ドイツ語)ともいう。凸レンズの前側(ぜんそく)焦点のわずか内側(手前)に物体を置くと、その像は正立拡大された虚像としてレンズの前方に生ずる。この像を虫めがねを通して観察する。虫めがねの倍率は、物体を置く位置、像を観察する目の位置によって、若干変化する。前側焦点に物体を置いた場合には、像が無限遠に生ずるので、目の位置にはよらない。この場合の虫めがねの倍率mは、凸レンズの焦点距離をf、明視の距離をDとすれば
  m=D/f
で与えられる。D=250mmとするのが普通である。したがってレンズの焦点距離が短いほど倍率は大となるが、あまり短くするとレンズは径が小さく分厚くなり収差も大となる。単レンズでは2.5倍止まりである。[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虫めがね」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虫めがねの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation