@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蛇蜻蛉【ヘビトンボ】

デジタル大辞泉

へび‐とんぼ【蛇蜻蛉】
(みゃくし)目ヘビトンボ科の昆虫体長4センチくらいで暗黄色。頭は大きくて扁平、大あごが発達している。4枚の翅(はね)は幅広く透明で、黄色紋が散在し、静止するときは背上で屋根形に畳む。幼虫は川の中にすみ、孫太郎虫とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へびとんぼ【蛇蜻蛉】
アミメカゲロウ目の昆虫。体長約4センチメートル。体形はややトンボに似る。幼虫は川底に生息し、孫太郎虫と呼ばれ、黒焼きにして子供の疳かんの薬とされる。九州以北の日本各地と東アジアに分布。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蛇蜻蛉 (ヘビトンボ)
学名:Protohermes grandis
動物。ヘビトンボ科の昆虫

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へび‐とんぼ【蛇蜻蛉】
〘名〙
① アミメカゲロウ(脈翅)目ヘビトンボ科の昆虫。名はトンボとつくがトンボではない。比較的大形で、頭が大きくて平たく、あごが発達する。成虫は昼間は樹幹などにとまっていることが多く、夜間は灯火に飛来する。幼虫は水生で、孫太郎虫と呼ばれる。日本には八種が分布する。ほかに、中国、韓国、台湾に分布。〔日本昆虫学(1898)〕
② ヘビトンボ科の昆虫。体長四センチメートル、はねの開張一〇センチメートルぐらい。体は黄色を帯び、黒褐色の紋や条がある。幼虫は水生で、六センチメートルに達するものもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛇蜻蛉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛇蜻蛉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation