@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蛋白質分解酵素【たんぱくしつぶんかいこうそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蛋白質分解酵素
たんぱくしつぶんかいこうそ
proteolytic enzyme
プロテアーゼ proteaseともいう。蛋白質を構成するペプチド結合 ( -CO-NH- ) を加水分解する酵素。広く生物界に存在するが,(1) 狭義の蛋白質分解酵素 (プロテイナーゼ) ,(2) 合成オリゴペプチドなども分解するペプチダーゼ,(3) 蛋白質のアミノ末端 (あるいはカルボキシル末端) から分解するアミノ (あるいはカルボキシ) ペプチダーゼ,(4) 蛋白質分子の中央部分から切断を行うエンドペプチダーゼなど,各種の区分法がある。個々のプロテアーゼとして著名なものは動物では胃液中のペプシン膵液中のトリプシンキモトリプシン,植物ではパパイア乳液中のパパイン,パイナップル乳液中のブロメライン,イチジク乳液中のフィシン,微生物起源のナガーゼ,プロナーゼなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんぱくしつぶんかい‐こうそ〔‐カウソ〕【×蛋白質分解酵素】
たんぱく質のペプチド結合加水分解する酵素総称。ペプシン・トリプシン・キモトリプシンなど。プロテアーゼ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんぱくしつぶんかい‐こうそ ‥カウソ【蛋白質分解酵素】
〘名〙 加水分解酵素の一つ。蛋白質およびその加水分解生成分のペプチド結合を加水分解する酵素の総称。ペプシン・トリプシンなどがある。プロテアーゼ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛋白質分解酵素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛋白質分解酵素の関連情報

関連キーワード

プロテアーゼトロンビン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation