@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蛮社の獄【ばんしゃのごく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蛮社の獄
ばんしゃのごく
江戸幕府洋学者渡辺崋山高野長英尚歯会 (しょうしかい) グループに加えた弾圧事件。アメリカ,イギリスなど列強の日本進出の動きに幕府は文政8 (1825) 年2月異国船打払令を出したが,広く内外情勢を研究していた尚歯会はこのような保守的な幕政を批判し,崋山は『慎機論』を,長英は『夢物語 (戊戌夢物語) 』を書いて知識層をはじめ,幕臣にまで影響を与えた。これを機に幕府は目付鳥居耀蔵らに命じて洋学者を弾圧し,天保 10 (39) 年5月に崋山ら 26人を逮捕した。幕政批判の罪で崋山は国許蟄居 (のち自殺) ,長英は永牢 (のち脱牢,自殺) ,小関三英は逮捕の際に自殺したが,この事件は,以後洋学のあり方に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばんしゃ‐の‐ごく【蛮社の獄】
《「蛮社」は洋学仲間の「蛮学社中」の》天保10年(1839)江戸幕府尚歯会渡辺崋山高野長英らに加えた言論弾圧事件。モリソン号事件などにおける幕府の政策を批判した罪などにより、崋山は国元での蟄居(ちっきょ)、長英は永牢に処された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんしゃのごく【蛮社の獄】
1839年(天保10)に起こった蘭学者弾圧事件。弾圧の対象とされたのは,渡辺崋山とその同志である。渡辺崋山は田原藩士で,1832年に年寄役末席に挙げられ,海岸掛の兼務を命ぜられた。崋山はこれが直接の動機で,高野長英・小関三英らの蘭学者を招いて蘭学の研究をはじめた。主たる目的は海防であり,その蘭学は従来の科学技術の枠を超えた経世的性格を帯びたものであった。崋山の蘭学研究が進むにつれて,彼は〈蘭学にて大施主〉という世評を得,彼の下に集まる同憂の士が少なくなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんしゃのごく【蛮社の獄】
蛮社蛮学社中の略
1839年、江戸幕府が渡辺崋山・高野長英らの蘭学者に加えた言論弾圧事件。モリソン号事件を契機とし、崋山は「慎機論」、長英は「夢物語」を書いて幕府の外国船撃攘策を批判。幕府は幕政批判のかどで、崋山を国元蟄居、長英を永牢とした。 → 尚歯会

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蛮社の獄
ばんしゃのごく
江戸後期、蘭学(らんがく)者に対する弾圧事件。蛮社とは蛮学社中の略。三河(愛知県)田原(たはら)藩の家老渡辺崋山(かざん)は、藩政改革の推進を図って、高野長英(ちょうえい)、小関三英(こせきさんえい)ら蘭学者と尚歯(しょうし)会の集まりを通じて西洋知識の吸収に努めていた。また、幕臣・諸藩士などの識者のなかには、崋山の識見を慕って集まる者も少なくなかった。大学頭(かみ)林述斎(じゅっさい)の子で目付の鳥居耀蔵(とりいようぞう)は、儒教思想による守旧的立場から、崋山ら蘭学者を憎悪していた。1837年(天保8)6月、対日通商の望みをもって、日本人漂流民の送還のため江戸湾に入ったアメリカ船モリソン号が、浦賀で異国船打払令によって撃退されるという事件が起きた。すると、崋山は『慎機論(しんきろん)』を、長英は『戊戌(ぼじゅつ)夢物語』(『夢物語』)を著して、世界情勢に目を覆い人道に反する幕府の処置を批判した。39年、老中水野忠邦(ただくに)は守旧派の鳥居と開明派の伊豆韮山(にらやま)の代官江川英龍(ひでたつ)に江戸湾の備場(そなえば)巡見を命じた。江戸に帰った江川から意見を求められた崋山は、江戸湾防備の意見書や『西洋事情書』などを江川に送った。鳥居は、江川が崋山と親しいことを知り、崋山が無人島(小笠原(おがさわら)島)渡航計画に関係し、長英らと蘭学を講じ、幕政批判を行ったなどと、罪状を捏造(ねつぞう)して、同年5月崋山、長英ら一味を逮捕した。取調べの結果、無人島渡航計画などの容疑は晴れたが、幕政批判の罪は重く、同年12月、崋山には国元田原における蟄居(ちっきょ)、長英には永牢(えいろう)の判決が下された。これより先、小関三英は自分も罪の逃れがたきを思い自刃し、崋山、長英の両名もやがて自殺に追い込まれた。蛮学社中の観を呈した尚歯会そのものは、主宰者の紀州藩士遠藤勝助(しょうすけ)が逮捕されておらず、弾圧の直接対象にはなっていなかった。しかし、この事件は、蘭学・蘭学者が弾圧を受け、そこに幕府内における守旧派と開明派との対立が顕著にみられた事件であったといえよう。[片桐一男]
『佐藤昌介著『洋学史研究序説』(1964・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばんしゃ‐の‐ごく【蛮社の獄】
(蛮社は「蛮学社中(洋学仲間の意)」の略) 天保一〇年(一八三九)、江戸幕府が洋学者のグループ尚歯会に加えた弾圧事件。モリソン号事件・異国船打払い令などを批判して渡辺崋山は「慎機論」、高野長英は「夢物語」を著わしたがこれに対し幕府は、政治批判の罪で崋山に国許蟄居、長英に永牢の判決を行なった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

蛮社の獄
ばんしゃのごく
江戸後期,幕府が蘭学者に加えた弾圧事件
渡辺崋山・高野長英・小関三英ら蘭学者は尚歯 (しようし) 会(世人は蛮学社中と称した)を組織し,モリソン号事件に際し,崋山が『慎機論』を,長英が『戊戌 (ぼじゆつ) 夢物語』を著し,幕府の異国船打払令を批判した。目付の鳥居耀蔵 (ようぞう) の告発によって,幕府は1839年崋山・長英ら26人を逮捕,処罰した。幕政批判を封じ,蘭学を封建支配強化に役だたせようとした幕府当局の意図が反映されている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛮社の獄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛮社の獄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation