@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【さなぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


さなぎ
pupa
完全変態をする昆虫の幼虫期と成虫期の間に生じる発育段階。この時期は一種の休眠期で,食物をまったくとらず運動もごく限られる。胸脚複眼,触角,口器などすべて機能的でなく,外見的には休止状態にあるが,内部では幼虫時の器官が破壊され,新しく成虫器官が構成される。蛹は移動力がなく,防御力を欠くため,蛹化の際,土や木の中などにもぐったり,をつくったりする種類が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さなぎ【×蛹】
完全変態を行う昆虫類で、幼虫から成虫に移る直前に形態を変え、食物をとらずに静止状態となったもの。ガ・ハチのように繭の中にこもるもの、チョウ・カブトムシのように裸のものがある。また特に、についていう。蛹虫(ようちゅう)。
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さなぎ【蛹】[書名]
田中慎弥短編小説。平成19年(2007)「新潮に発表。平成20年(2008)第34回川端康成文学賞受賞。また同年、本作収録の作品集「切れた」で第21回三島由紀夫賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さなぎ【蛹】
完全変態をする昆虫が幼虫期と成虫期との間に経過する特殊な発育段階。幼虫器官の退化と成虫器官の形成が起こる。はね・胸脚などを備えるがほとんど機能しない。普通は移動せず、食物もとらない。蛹虫ようちゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


さなぎ
pupa
昆虫のうち完全変態を行う種類が後期発生の途中で経過する一時期で、幼虫期と成虫期の間の特異な形態をした静止の時期をいう。蛹の時期には食物をとらず、刺激を与えられなければ静止し、排出もしない。しかし、体内では幼虫組織の退化分解と成虫組織の形成が進行し、皮膚の薄い蛹を観察すれば成虫体が徐々にできていくことが認められる。
 蛹は一般に幼虫とは著しく形が異なり、幼虫が脱皮して蛹になるのが蛹化(ようか)であり、蛹の体内で成虫体が完成し、脱皮して成虫が現れるのを羽化(うか)とよぶ。このような変化が変態ホルモン(エクジソンecdysone)によっておこされることは、カイコなどを用いた実験によって明らかにされている。なお、前蛹prepupaというのは、幼虫期の終わりに幼虫が太く短くなり、食物をとらなくなった時期をいう。
 蛹の形や機能は昆虫の種類で異なり、一般的には静止的で刺激に対し腹部を運動させる程度であるが、脈翅(みゃくし)目のラクダムシ、ヘビトンボ、クサカゲロウのようにはい回るもの、トビケラの一部のように泳ぐもの、カやユスリカのオニボウフラのように尾部を振って水中で運動するものもある。蛹にはまた裸蛹(らよう)、被蛹(ひよう)、囲蛹(いよう)の3型がある。裸蛹とは触角、はね、肢(あし)など付属肢(し)が体表に固着せずに離れているものでもっとも多く、脈翅目、シリアゲムシ目、トビケラ目、コバネガ類(鱗翅(りんし)目)の蛹は大あごが機能的で強く繭から脱出するのに用いるが、大部分の甲虫目と膜翅目や、多くの双翅目とノミ目、ネジレバネ目の蛹は大あごが動かない。被蛹は皮膚が多くは硬く、付属肢が体表に固着しているもので、腹部も先端の2、3節が動かせるだけであり、高等な鱗翅目(チョウ、ガ)、一部の双翅目(カガンボなどの長角類)や甲虫目、多くのコバチ類(膜翅目)の蛹がこれに属する。囲蛹は最後の幼虫期(終齢)の皮膚が褐色か黒色に色づいて硬くなり、繭の代用になって中で幼虫が蛹になるもので、イエバエなどの双翅目の昆虫にみられるが、蛹体は裸蛹型である。その点でこの蛹型の分け方はかなり便宜的なもので、大あごの機能的な裸蛹を別に扱う学者もある。蛹化の際にガなどの幼虫が繭をつくるのは知られているが、地中や植物中などで蛹化するものには蛹室をつくるものも多い。鱗翅目のチョウ類では尾端を枝などに付着してぶら下がる垂蛹(すいよう)と、尾端を付着して体中央を糸で帯状に支える帯蛹(たいよう)があり、垂蛹はタテハチョウやジャノメチョウの類に、帯蛹はアゲハチョウ、シロチョウ、シジミチョウの類にみられる。[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さなぎ【蛹】
〘名〙
① 完全変態を行なう昆虫類の幼虫が成虫になる前の発育段階で、食物をとらず、ほぼ静止の状態となったもの。幼虫の体の組織が成虫の組織へと変わる時期で、羽化すると成虫になる。多くは堅い皮膚でおおわれている。チョウ、ガなどの中には繭をつくり、その中でこれになるものがある。〔生物学語彙(1884)〕
② 特に蚕のさなぎをいう。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉七「蚕は繭を成し終れば、則ちさなぎと成る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう【蛹】
〘名〙 =さなぎ(蛹)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蛹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation