@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蜉蝣【カゲロウ】

デジタル大辞泉

かげろう〔かげろふ〕【蜉蝣/蜻蛉】

《飛ぶ姿が陽炎(かげろう)の立ちのぼるさまに似ているところからの名》カゲロウ目の昆虫総称。体は繊細で、腹端に長い尾が2、3本ある。翅(はね)は透明で、幅の広い三角形。夏、水辺の近くの空中を浮かぶようにして群れ飛ぶ。幼虫は川中の(れき)上や砂中に1~3年暮らす。成虫は寿が数時間から数日と短いため、はかないもののたとえにされる。糸遊(いとゆう)。
(蜻蛉)トンボの古名。 秋》
「―なんどのやうにやせおとろへたる者よろぼひ出できたり」〈平家・三〉
(蜻蛉)源氏物語第52巻の巻名。薫大将、27歳。浮舟失踪(しっそう)と、その後のを描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ゆう〔‐イウ〕【××蝣】
カゲロウのこと。
1が朝に生まれて夕べに死ぬといわれるところから》人生のはかないことのたとえ。
「―の微命、もとより死を畏れず」〈露伴運命

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふゆう【蜉蝣】
カゲロウ。
カゲロウが朝に生まれ夕べに死ぬということから 人生のはかないことのたとえ。 -の命

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蜉蝣 (カゲロウ)
動物。カゲロウ目の昆虫の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐ゆう ‥イウ【蜉蝣】
〘名〙
① カゲロウのこと。ふゆ。
※三教指帰(797頃)中「令汝得蜉蝣短齢。与亀鶴相競」 〔詩経‐曹風・蜉蝣〕
② (①が朝に生まれ夕べに死ぬといわれているところから) 人生のはかないことのたとえ。
※性霊集‐四(835頃)請奉為国家請修法表「雖蜉蝣心体、羊犬神識、此思此願、常策心馬」 〔蘇軾‐前赤壁賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜉蝣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜉蝣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation