@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蜻蛉・蜻蜓・筋斗【とんぼ】

大辞林 第三版

とんぼ【蜻蛉・蜻蜓・筋斗】
トンボ目の昆虫の総称。世界で約6000種が命名されている。熱帯に多く、日本には、約200種がいる。目は大きな複眼で、発達した口器をもつ。胴は細長い棒状で、細長い二対の羽をもつ。幼虫は水中にすみ、ヤゴと呼ばれ、成虫とともに害虫を捕食するので益虫とされる。あきつ。かげろう。とんぼう。だんぶり。 [季] 秋。
多色印刷で、刷り合わせを正確にするため、版面につける見当合わせ用の十字形の印。
(「筋斗」とも書く)とんぼ返りに同じ。 → とんぼをきる
とんぼ持ちの略。
[句項目] 蜻蛉を切る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜻蛉・蜻蜓・筋斗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜻蛉・蜻蜓・筋斗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation