@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蜻蛉・蜻蜓【とんぼ】

精選版 日本国語大辞典

とんぼ【蜻蛉・蜻蜓】
〘名〙 (「とんぼう」の変化した語)
① トンボ目に属する昆虫の総称。大形種はふつうヤンマと呼ぶ。体は細長く腹部は円筒状にのびる。胸部に二対の細長いはねと、三対のあしを備え、頭部には大きな複眼と、よく発達した口器をもつ。はねは普通透明で細目状の脈があり、長距離飛行ができる。幼虫は、やごと呼ばれる水生昆虫で、不完全変態を行なって羽化する。幼虫・成虫ともに肉食で、小形の害虫を捕食するので益虫とされる。イトトンボ類・ムカシトンボ類・トンボ類に分けられ、シオカラトンボ・ギンヤンマ・カワトンボ・アキアカネのほか日本最大種のオニヤンマなど日本には約二百種が分布する。古生代の石炭紀に出現し今日に及んでいる。とんぼう。とうぼう。せいれい。かげろう。あきつ。《季・秋》
※かた言(1650)四「蜒(とんばう)を とんぼ」
※俳諧・俳諧新選(1773)三「蜘の巣に棒縛りなるとんぼ哉〈太祇〉」
② 魚「とびうお(飛魚)」の異名。
③ 物をかつぐのに棒の前端に横木をそえ、その両端を左右両人がかつぎ後棒(あとぼう)を一人でかつぐこと。とんぼう。
※雑俳・柳多留‐一四六(1838‐40)「かつぐとんほで喰っている旅の蜘」
④ かせ糸をかけて回転させる車。かせぐるま。
⑤ とんぼ結びにすること。また、その結び方。
※洒落本・当世嘘之川(1804)四「となりの子のかみゆふてやり、とんぼかけかけ」
⑥ 竹とんぼ。また、紙で①の形に作り、竹の先につけた玩具。
⑦ 印刷で、印刷位置がずれないようにつける印。普通、十字形のしるしをつけるが、その形が①を思わせることによる。
⑧ 囲碁で、隅の星から両側の三線へ小桂馬(こげいま)にひらいた形。①が羽を広げた形に似ているところからいう。中途半端ではたらきのない形とされる。
※譬喩尽(1786)一「倒(ト)ん顛(ボ)して居る〈飛坊反どんぼかへり也ありゃこりゃをいへり小児遊より起語乎〉」
⑩ (①を「あきつ」ともいうところからしゃれていったもの) 日本のこと。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一〇(1760)宮一「京よりも江戸がとんぼのどふ背中」
⑪ 人をののしっていう語。愚かもの。ばかもの。どんぼ。とんぼう。→語誌(3)。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「扨も扨も、よふ寝てゐるのに、とんぼ奴(め)
⑫ グラウンドなどをならすための木製の用具。
[語誌](1)トンボは古くはトンバウという形であり、それがトンボウを経てトンボと短い形になったのは、近世初期頃のようである。「かた言」には、当時京都で「蜒(とんばう)」を「とんぼ」と言う旨の指摘がある。
(2)「とんぼ」の名称としては、最も古くアキヅがあり、これは上代の文献に認められる。次いで、中古にカゲロフとヱンバが現われ、少し遅れてトンバウが登場する。
(3)⑪は、「とんぼさく(蜻蛉作)」「とんぼざさ(蜻蛉笹)」「とんぼさぶ(蜻蛉侍)」など、複合語をつくっても用いられ、「蜻蛉」を当てた表記例もあるが、「どんぼ」の用語例もあり、この意の「とんぼ」「とんぼう」は、本来「鈍坊」からきたものか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜻蛉・蜻蜓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蜻蛉・蜻蜓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation