@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蝋板本【ろうばんぼん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

蝋板本
ろうばんぼん
木や象牙(ぞうげ)でつくった小さな板の表面に蝋をかぶせ、スタイルスstylusのような、棒状の筆記用具で蝋をひっかいて書く書写材。ローマ人の発明したこの書写材は、ノートやメモ帳として18世紀末までヨーロッパで使われた。板は一枚だけのこともあるが、二枚、三枚と重ねて綴(と)じられることもある。前者をジプチカdiptych、後者をトリプチカtriptych、そしてたくさん綴じたのをポリプチカpolyptychという。二枚以上のときは板の端が蝶番(ちょうつがい)や紐(ひも)で綴じられていた。これが冊子体codex(すなわち、現在のような形の本)の原型なのである。[高野 彰]
『高野彰「形態からみた本の歴史」(『論集・図書館学研究の歩み 第5集 図書館資料の保存とその対策』所収・1985・日外アソシエーツ) ▽F・G・ケニオン著、高津春繁訳『古代の書物』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝋板本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蝋板本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation