@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蝙蝠扇【カワホリオウギ】

デジタル大辞泉

かわほり‐おうぎ〔かはほりあふぎ〕【蝙蝠扇】
《開くとコウモリを広げた形に似るところから》薄い骨の片面または両面に紙を張った。紙には詩歌や絵を描く。扇子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわほりおうぎ【蝙蝠扇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かわほりおうぎ【蝙蝠扇】
蝙蝠が翼を広げた形に似ているところから
扇子。夏扇。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわほり‐おうぎ かはほりあふぎ【蝙蝠扇】
〘名〙 (開いた形がコウモリの翼をひろげた形に似ているところから) 何本かの骨に紙をはった扇。扇子(せんす)。かわほり。
※小右記‐長和四年(1015)閏六月二四日「今日中納言行成持蝙蝠扇、是専不然事也」
[語誌](1)コウモリの広げた翼にヒントを得て作られたかという〔名語記・河海抄・塵添壒嚢抄・古今沿革考〕。威儀用の檜扇に対し、略式なものであったらしい。
(2)初めは細骨の片面にだけ紙を張った上に絵を描き、五本骨、七本骨などの種類があった。室町時代には骨の両面に紙を張る今日の扇子の祖型ができ、金銀泥絵などの華美なつくりとなった。先端を強く反らせたものを末広ともいう。
(3)一二世紀はじめの「源氏物語絵巻」に描かれており、実物は厳島神社蔵のものがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝙蝠扇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蝙蝠扇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation