@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蝦夷管領【エゾカンレイ】

デジタル大辞泉

えぞ‐かんれい〔‐クワンレイ〕【蝦夷管領】
鎌倉幕府の職名。奥羽や北海道の蝦夷を鎮め、辺境を防備するために津軽に置かれた。蝦夷代官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えぞかんれい【蝦夷管領】
鎌倉幕府の蝦夷管轄上の職名をいう。江戸期作成の故実書《武家名目抄》以来の通説であるが,現存史料でみると,蝦夷管領の名称は,1356年(正平11∥延文1)作成の《諏訪大明神絵詞》を初見史料とし,関東管領,奥州管領など室町幕府初期の職制名称を反映した呼称であったとみられる。鎌倉期史料では,蝦夷沙汰または東夷成敗と表記。鎌倉末期作成の法律書《沙汰未練書》では,東夷成敗を幕府の重大政務として位置づけている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えぞかんれい【蝦夷管領】
鎌倉幕府の職名。北条義時が蝦夷を鎮撫ちんぶさせるため、安東五郎を津軽に派遣したのに始まる。以後、安東氏が世襲。蝦夷代官。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蝦夷管領
えぞかんれい
鎌倉時代に津軽あるいは北海道の蝦夷(アイヌ)支配のために置かれた職名。鎌倉幕府の三大政務(武家の沙汰(さた))の一つ、東夷(とうい)成敗権を現実に執行するものとして、北条義時(よしとき)のとき「東夷ノ堅(かた)メ」「夷嶋(えぞがしま)ノ押ヘ」に津軽の安藤太(五郎)なる者が北条氏の代官として任じられたのが史料上の初見。津軽地方は鎌倉初期から北条氏の所領で、安東(藤)氏は代々この地方の北条氏所領の地頭代となっていた北条氏被官であったところから、蝦夷管領の正員は北条氏、その代官が安東氏であったとみられる。正中(しょうちゅう)2年(1325)9月11日の安藤宗季(むねすえ)譲状(ゆずりじょう)にみえる「ゑそのさた」(蝦夷の沙汰)というのも、蝦夷管領と同じものであろう。[榎森 進]
『小林清治・大石直正編『中世奥羽の世界』(1978・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えぞ‐かんれい ‥クヮンレイ【蝦夷管領】
〘名〙 鎌倉幕府の職制の一つ。北条義時に代官として派遣された安藤氏が、奥州、北海道の蝦夷を管轄。以後世襲して辺境防備、交易の統轄にあたった。蝦夷代官。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

蝦夷管領
えぞかんれい
鎌倉幕府の職名
蝦夷代官ともいう。執権北条義時のとき,安東(安藤)氏を代官として津軽に置き,奥羽・渡島 (おしま) (北海道)の蝦夷 (えぞ) の鎮撫・管轄にあたらせたのがはじめで,代々安東氏が世襲。鎌倉幕府の滅亡とともに断絶した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝦夷管領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蝦夷管領の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation