@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【クチバミ】

デジタル大辞泉

くち‐ばみ【×蝮】
《「くちはみ」とも》マムシの古
「―に螫(さ)されたる人」〈徒然・九六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐むし【×蝮】
《「真虫」の意》クサリヘビ科の毒蛇。体長約70センチで、灰褐色の地に銭形の斑紋が並ぶ。頭は三角形で両ほおに毒腺をもち、敵が防衛範囲内に入ると毒牙を立てて飛びかかる。毒性は強いが注入量は少ない。卵胎生くちばみ。はみ。日本まむし 夏》「曇天や―生き居る罎(びん)の中/竜之介
恐れきらわれる人をたとえていう。
まむし指」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はみ【×蝮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はみ【蝮】
マムシの古名。 和名抄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まむし【蝮】
真虫の意 有鱗目クサリヘビ科の毒蛇の総称。12種が日本およびアジア全域に分布。日本にすむニホンマムシは全長40~65センチメートル。頭部は三角形。体の背面は、普通、灰褐色ないし暗赤褐色の地に黒褐色の大きな銭形の斑紋がある。竹やぶや森林の中、水田の周辺などにすみ、カエル・ネズミなどを捕食する。卵胎生。はみ。 [季] 夏。
人に害をなし恐れられる人をいう語。
「まむし指」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蝮 (マムシ)
動物。クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属に含まれるヘビの総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くち‐ばみ【蝮】
〘名〙 (古くは「くちはみ」) 「まむし(蝮)」の異名
※名語記(1275)三「くちはみといへる虫を、ただはみともいへり」
※徒然草(1331頃)九六「くちばみにさされたる人、かの草を揉みて付けぬれば、則ち癒ゆとなん」
[語誌](1)「蝮」の名称は「本草和名」「観智院本名義抄」「十巻本和名抄」などにみえる「ハミ」が古い。「ハミ」は蛇の一般称「ヘミ」と音形が類似するものの、別の語源と考えられる。
(2)「クチハミ」は蝮の名称「ハミ」と無毒の蛇の一般称「クチナワ」の「クチ」とが熟合して成立したとみられる。「易林本節用集」には「クチハメ」という異形もあり、「運歩色葉集」には「クチバミ」も挙げるが、おおむね中世末まで第三音節は清音とみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くち‐はめ【蝮】
〘名〙 「くちばみ(蝮)」の変化した語。〔易林本節用集(1597)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たじひ たぢひ【蝮】
〘名〙 「まむし(蝮)」の古名。
[補注]反正天皇の名として、「古事記」に「蝮(たぢひの)水歯別命」とあり、「日本書紀」に「多遅比(タヂヒの)瑞歯別天皇」とあるところから認められる語。また、「延喜式」には、「凡勘籍之徒、或転蝮部姓丹比部」という記事がみえる。→たじひ(虎杖)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はみ【蝮】
〘名〙 「まむし(蝮)」の異名。〔本草和名(918頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐むし【蝮】
〘名〙
① (「真虫」の意) 有鱗目クサリヘビ科の毒ヘビ数種の総称。ニホンマムシ、ツシママムシ、ウスリーマムシなどがいる。
② クサリヘビ科の毒ヘビの一種。特にニホンマムシをさす。全長約六〇センチメートルに達する。頭は三角形で、くびは細く、尾部は細くて短い。体色はふつう灰褐色の地に暗褐色の輪状の斑紋(はんもん)が並ぶが、俗にアカマムシと呼ばれる赤褐色型もある。毒牙は管牙で、かまれたときは早期に血清注射をすれば死ぬことはまれである。対馬や南西諸島を除く日本各地に分布。水辺に近い草むらを好み、ネズミ・カエルなどを捕食。卵胎生。古くから蝮酒、黒焼などにして薬用にされる。くちばみ。はみ。たじひ。《季・夏》
※玉葉‐寿永三年(1184)正月一四日「凡昔も今も真虫海より打上らるる事は」
※我鬼句抄(1917‐19)〈芥川龍之介〉夏「曇天や蝮生き居る罎の中」
③ 他人に恐れきらわれる人にいう語。蛇蝎(だかつ)
※俳諧・野の錦(1767)「ああままと・まむしの中へ嫁入して」
④ 「まむしゆび(蝮指)」の略。
※御触書寛保集成‐四八・貞亨五年(1688)八月「手の大指両方共まむしかかり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たちひ【蝮】
〘名〙 ⇒たじひ(蝮)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蝮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation