@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蝶花楼馬楽【ちょうかろうばらく】

世界大百科事典 第2版

ちょうかろうばらく【蝶花楼馬楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蝶花楼馬楽
ちょうかろうばらく
落語家。
初代生没年不明。幼名幸吉。金原亭馬六(きんげんていうまろく)から馬楽になったといわれ、まくらがうまかったという。
2代(?―1889)本名加藤幸之助。5代桂(かつら)文治の実弟。歌生、柳女から馬楽。
3代(1864―1914)本名本間弥太郎。俗に「弥太っぺ馬楽」「狂馬楽」という。3代目春風亭柳枝(りゅうし)門下となり千枝(せんし)。3代目柳家小さん門下に移ってから馬楽襲名。奇行と風雅と巧みな高座で評判をとる。歌人の吉井勇との交友は有名。晩年は精神病のため不遇であった。『長屋の花見』は天下一品で他の追随を許さなかったという。「長屋じゅう歯を喰(く)いしばる花見かな」の名句を残した。馬楽の4代目は4代柳家小さん、5代目は8代林家正蔵(しょうぞう)(彦六)の前名。
6代(1908―1987)本名河原三郎。4代柳家小さんに入門し、柳家花の丞(じょう)、金原(かなはら)の馬の助、華形家八百八(はながたややおはち)を経て1952年(昭和27)馬楽襲名。『子は鎹(かすがい)』『猿後家』『二番煎(せん)じ』などを得意とする。落語協会の長老として後進の指導にもあたる。
7代(1948―2019)本名奥島吉隆。6代馬楽に入門し、蝶花楼楽がん、3代花蝶を経て1991年(平成3)馬楽襲名。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝶花楼馬楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蝶花楼馬楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation