@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

融通手形【ゆうずうてがた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

融通手形
ゆうずうてがた
accomodation bill
他人に自己の信用を利用させる目的で振出し,引受け,裏書などがなされた手形好意手形ともいう。信用のある者に,約束手形振出人裏書人為替手形の引受人,裏書人などになってもらい,その者の信用によって手形の割引を容易にすることができる。これに対して,売買など現実の商取引に基づいて振出された手形を商業手形という。融通手形であるということは,融通者と被融通者との間の人的抗弁事由となるが,被融通者以外の第三者が手形所持人として手形金の支払いを求めてきたときには,その所持人が,たとえ融通手形であることを知って取得したとしても,その支払いを拒むことはできない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうずう‐てがた〔ユウヅウ‐〕【融通手形】
商取引の裏付けがなく、単に資金調達の目的で振り出され、裏書き引き受けなどが行われた手形。好意手形。→商業手形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうづうてがた【融通手形】
他人に自己の信用を利用して金融を得させる目的で交付される手形。広義では,製造業者が下請業者に対して前渡金,着手金手付金などの名目で交付する手形(前渡金手形)等を含めていうが,狭義では,前渡金手形は除き,他人に自己の信用を利用させることのみを目的とする手形をいう。一般には狭義で使うことが多い。狭義の融通手形は,その利用目的の点から好意手形ということもある。 狭義の融通手形は,融通者が約束手形を振り出し,これを融通手形として利用させる形をとることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

融通手形
ゆうずうてがた
accommodation bill

商品の売買取引のような実体的な裏づけなしに、金融上の目的で振り出された手形のこと。融手(ゆうて)と略称される。典型的なものとしては、資金力のない者が信用のある他の者に依頼して自己を受取人とする手形を振り出してもらい、これを金融機関などで割り引いて資金を得る形態がある。手形期日までに別途調達した資金を振出人に返済して手形決済を行う。しかし、もともと資金力の弱い者が資金繰り操作のために利用する手形であるから、不渡りになる危険性が大きい。金融機関は、支払銀行に対するその手形の信用照会、手形の成因の追求、割引依頼人と手形支払人との取引関係の調査、依頼人の財務状況の分析など、種々の方法を用いて融通手形を識別し、排除しようと努めている。

[井上 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうずう‐てがた ユウヅウ‥【融通手形】
〘名〙 資金を融通するため、商業手形とみせかけて振り出される手形。空手形。なれあい手形。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

融通手形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

融通手形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation