@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

融雪【ユウセツ】

デジタル大辞泉

ゆう‐せつ【融雪】
雪のとけること。また、その雪。ゆきどけ。「融雪期」「融雪なだれ」
雪をとかすこと。「ポイントの融雪装置」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

融雪
ゆうせつ

雪解け現象と、融(と)けた雪と二つの意味がある。日射、気温、風などが融雪の速さを促進する。気温の影響がとくに顕著で、融雪量は氷点以上の日平均気温にだいたい比例し、気温が1℃高いと降水量に換算して2~6ミリメートルの雪が融ける。春先、日本海で低気圧が発達する場合など、気温の上昇に降雨が加わって、多雪地で顕著な融雪出水を引き起こすことがある。

[篠原武次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐せつ【融雪】
〘名〙
① 雪がとけること。また、その雪。雪どけ。
※読売新聞‐明治二四年(1891)一一月一三日「来春融雪(ユウセツ)の候には」 〔林逋‐送昱師赴請姑蘇詩〕
② 雪をとかすこと。「融雪装置」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

融雪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

融雪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation