@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蟬丸【せみまる】

世界大百科事典 第2版

せみまる【蟬丸】
虚構の人名説話では,延喜帝(醍醐天皇)の第4皇子で,盲目のため逢坂山へ遺棄された琵琶名手と伝える。《後撰集》(巻十五)に,〈逢坂に庵室を造りて住み侍りけるに,行きかふ人を見て〉の詞書のもとに,〈これやこの行くも帰るも別れつつ知るも知らぬも逢坂の関〉の和歌が収められ,作者は蟬丸となっている。この歌は《百人一首》にも選ばれ,人口炙しているが,作者蟬丸についてはまったくわかっていない。信ずべき史料には,この名の人物の実在を証するに足るものは皆無といってよい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せみまる【蟬丸】
能の曲名四番目物。狂女物。世阿弥時代からある能。古くは《逆髪(さかがみ)》とも呼んだ。作者不明。シテは逆髪の宮(狂女)。延喜の帝の第4皇子蟬丸の宮(ツレ)は,幼少時から盲目だったので,帝が侍臣の清貫(きよつら)(ワキ)に命じて逢坂(おうさか)山に連れて行かせ,剃髪(ていはつ)のうえ捨てさせる。宮は前世の報いとあきらめ,今ではただ一人の同情者である博雅三位(はくがのさんみ)(アイ)が用意してくれた藁屋に住み,琵琶に心を慰めている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

蟬丸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蟬丸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation