@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蟹座【カニザ】

デジタル大辞泉

かに‐ざ【×蟹座】
黄道十二星座の一。双子座獅子(しし)座の間にあり、3下旬の午後8時ごろ南中する。中央に散開星団プレセペがある。学名 〈ラテン〉Cancer

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

蟹座
二区分は女性星座。三区分は活動星座。四区分水のエレメント。支配星は月。身体の象徴部位は胸・胃。母性・保護本能・家族愛・強い共感・豊かな想像力を持ち、母性愛に溢れ自分の身近な人を守る。神経質で胃腸を壊しがちになる傾向がある。心配症で物事を悲観的に捉えると恨みっぽくなり愚痴が多くなることもある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かにざ【蟹座】
3月下旬の宵に南中する黄道星座。双子座と獅子しし座の間にある。黄道十二宮の巨蟹きよかい宮に相当し、約二千年前には、ここに天球の夏至点があった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かに‐ざ【蟹座】
黄道十二星座のうち第四の星座。ふたご座の東、しし座の西にあり、明るい星は少ない。中央部に散開星団のプレセペがある。ギリシア神話で、ヘラクレスに踏みつぶされた化けガニに見立てる。
※備忘録(1927)〈寺田寅彦〉夏「夜も夏は楽しい。〈略〉スコルピオン座や蟹座が隣の栗の梢に輝く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蟹座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蟹座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation