@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蟻穴【ありあな】

精選版 日本国語大辞典

あり‐あな【蟻穴】
〘名〙
① 蟻の巣穴。
※信仰之理由(1889)〈小崎弘道〉四「故に蟻の垤(アリアナ)を作る、蜘蛛の網を編む、〈略〉更らに異なる所なし」
② 蟻継(ありつぎ)、蟻掛(ありかけ)などで、先のひろがった枘(ほぞ)をおさめる穴。〔日本建築辞彙(1906)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ‐けつ【蟻穴】
〘名〙 アリの掘った穴。「千丈の堤も蟻の穴より」などのことわざから、ごく小さな欠点や不注意のたとえに用いられることが多い。
※空華集(1359‐68頃)一一・送巧上人帰上州詩序「風俗為之一革。蜂房穴。化為麟翔鳳者翥之苑
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「千丈の堤も蟻穴(ギケツ)よりもれる水に滅するごとく」 〔応璩‐雑詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あり‐あな【×蟻穴】
木材の継ぎ手で、蟻枘(ありほぞ)を収める穴。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蟻穴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蟻穴の関連情報

関連キーワード

単元株制度恵帝[前漢]岡山天体物理観測所ストロムロ山天文台民事再生法フッ素(データノート)ムリコール酸生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation