@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【はえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はえ
Les Mouches
フランスの戯曲。3幕の散文劇。 J.サルトル作。 1943年刊。初演 43年パリ,都市劇場 (サラ・ベルナール座) 。演出 C.デュランアイスキュロスの『オレステイア』を粉本に,オレストの人物像と思想の変遷に焦点を合せ,彼がジュピテルと戦ってアルゴスの市民を迷信から解き放って立去るまでを描き,原作の運命悲劇を自由と行為の選択の劇に変えている。占領下のパリでの公演は大当りをとり,実存主義演劇先駆となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はえ〔はへ〕【×蠅】
双翅(そうし)目イエバエ科および近縁の科の昆虫の総称体長約1センチ。翅(はね)は、後ろ翅が退化して棒状となっているため、一対。体は黒色・褐色で、頭部に大きな複眼と3個の単眼があり、触角は短い。幼虫は蛆(うじ)。イエバエクロバエショウジョウバエなどがあり、消化器伝染病を媒介する。はい。 夏》「やれ打つな―が手をすり足をする/一茶
[補説]作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はえ【蠅】[書名]
《原題、〈フランス〉Les Mouchesサルトルの戯曲。3幕。1943年、ドイツ占領下のパリ市立劇場サラベルナール座にて初演。ギリシャ神話エレクトラオレステスの物語を下敷きにした作品。
横光利一の短編小説。大正12年(1923)「文芸春秋」誌に発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はい〔はひ〕【×蠅】
はえ(蠅)」の音変化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はい【蠅】
「はえ(蠅)」の転。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はえ【蠅】
ハエ目短角亜目ハエ群に属する昆虫の総称。体は黒または褐色で太く、二枚の透明なはねを有し、触角は短い。幼虫は「うじ」と呼ばれる。イエバエ・クロバエ・ニクバエ・サシバエ・ツェツェバエなど種類が多く、感染症を媒介したりして人畜に害を与えるものもある。はい。 [季] 夏。 やれうつな-が手をする足をする /一茶
とるに足らない者、つまらない者をののしっていう語。 -侍

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蠅 (ハエ)
動物。双翅目に属する昆虫の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい はひ【蠅】
〘名〙 (「はえ(蠅)」の変化した語)
① =はえ(蠅)①〔文明本節用集(室町中)〕
② =はえ(蠅)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はえ はへ【蠅】
〘名〙
① ハエ(双翅)目の昆虫。主としてイエバエ科・クロバエ科およびニクバエ科に属するものをいうが、広くはそれに近縁の多くの科のものも含めていう。体長はふつう一センチメートル内外で、体色は黒や青緑色など。よく発達した一対の前ばねをもつが、後ろばねは退化変形して平均棍(こん)と呼ばれ、体の平均をとる働きをする。幼虫はウジで、汚物中にすむ。赤痢(せきり)・チフスなど伝染病を媒介するほか家畜や農作物に害を与える種が多い。イエバエ・キンバエ・ヤドリバエ・サシバエ・ウマバエ・ツェツェバエなど種類が多い。はいむし。はい。《季・夏》
※書紀(720)斉明六年是歳(北野本訓)「科野国言さく、蠅(ハヘ)(むらか)れて西に向ひて巨坂を飛踰ゆ」
② とるにたりないつまらない者。人を卑しめののしることば。はい。
[補注]室町時代以降「はい」の形が現われ、口頭語としては「はい」が優勢であった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蠅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation