@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蠕虫【ゼンチュウ】

デジタル大辞泉

ぜん‐ちゅう【×蠕虫】
ミミズ・ヒルなど、体が細長く、蠕動によって運動する動物の俗称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

蠕虫
 吸虫類条虫類線虫類,類線虫類の総称

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんちゅう【蠕虫 worm】
ギリシア語のhelmins(〈虫〉の)に由来することばで,もともと内臓寄生虫を意味したが,現在では,体が細長くて軟らかく脚をもたない多細胞動物一般をさし,動物分類学上の名称ではない。すなわち扁形動物,線形動物(センチュウ,シジョウチュウなど),鉤頭動物(コウトウチュウ),環形動物などに属する動物群をいい,寄生生活種のみならず自由生活種も含めた呼称として用いられている。医学的には,単細胞の原虫に対して多細胞の寄生虫群を意味する名称で,それらについて研究する学問分野を寄生蠕虫学という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蠕虫
ぜんちゅう
helminth
worm

蠕形動物ともいい、いわゆる寄生虫のなかから寄生性の原生動物や節足動物を除いた、吸虫、条虫、線虫、類線形虫、鉤頭(こうとう)虫、ヒルなどを一括していう。これは自然分類的な動物群ではなく、便宜的にまとめられた動物群である。

 かつては体が柔らかで細長く、左右相称で、軟体動物のように発達した神経系をもたず、また節足動物のように関節肢をもたないもの、すなわち扁形(へんけい)動物、紐形(ひもがた)動物、線形動物、類線形動物、鉤頭動物、環形動物などを総称した。

[町田昌昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐ちゅう【蠕虫】
〘名〙 ミミズ、ヒル、ゴカイやその他の動物で、体が細長く、蠕動によって運動する下等動物の俗称。
※生物学語彙(1884)〈岩川友太郎〉「Sipunculoidea 蠕虫ノ一族」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蠕虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蠕虫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation