@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血小板減少性紫斑病【けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう】

家庭医学館

けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう【血小板減少性紫斑病 Thrombocytopenic Purpura】
血小板が著しく減少する
[どんな病気か]
 血小板は、血管が破損すると血栓(けっせん)を形成して出血を止めるだけではなく、それ自体さまざまな物質を分泌(ぶんぴつ)しています。これら血小板の分泌物によって、血管の細胞やコラーゲン合成などがうながされ、血管の強さが保たれるようになっています。血小板の数が、血液1mm3あたり10万個以下になってくると、その程度に応じて出血傾向(しゅっけつけいこう)(「出血傾向とは」)が現われ、さらに5万以下になると紫斑が現われてきて、治療が必要な状態になってきます。
 このように血小板の減少でおこる紫斑病を血小板減少性紫斑病といい、特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)、血栓性血小板減少性紫斑病(けっせんせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)、溶血性尿毒症症候群(ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん)などがあります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう【血小板減少性紫斑病】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

血小板減少性紫斑病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血小板減少性紫斑病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation