@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血清【けっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

血清
けっせい
serum
血液は血球血漿から成っているが,採取した血液容器に入れて放置すると,血球などの有形成分は凝固して血餅となり,液体成分は黄色の上澄みになって分れる。この液体成分を血清という。血清は血漿から血液凝固にかかわる因子である線維素 (フィブリン) などを除いたものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けっ‐せい【血清】
血液が凝固する際に血餅(けっぺい)から分離してできる、透明な淡黄色の液体。血漿(けっしょう)からフィブリノゲンを除いたもの。免疫抗体グロブリンなどを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

血清
 血液を置し凝集させると透明な液が分離してくる.これをいう.血漿からフィブリンを除いた部分にほぼ相当する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっせい【血清 serum】
ヒトや脊椎動物の血液中の主要液体部分を指す。なお,開放血管系をもつ無脊椎動物のこれに相当するものは血リンパ液といい,血清,血漿などの名称は使わない。
[血清と血漿]
 ヒトや動物の血液を試験管等に採り放置すると,やがて固まり(凝固),フィブリノーゲンが変化してできた網状構造をなすフィブリンに血液成分がとりこまれた血餅(けつぺい)ができる。やがて,これは血小板,組織由来のトロンボステニンの作用を受けて収縮し,上清には透明,こはく色の少し粘稠な液,血清が分離する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

血清
けっせい

採血した血液は数分後に凝固し、全体が真っ赤な寒天状となる。これを数時間以上放置すると、凝固塊はしだいに強く収縮して小さな塊になり、その周囲に透明な黄色の液が出てくる。これが血清である。血清成分は、血漿(けっしょう)成分のうち、凝固に際して析出したフィブリノゲンを除いたものと、まったく同じである。したがって、その性状も血漿とほぼ同一である。今日では、血液の生理的な性状をほとんど変えないで、その凝固を防ぐ抗凝固剤(ヘパリンなど)が盛んに用いられるようになったため、時間をかけて血清を求めることは、免疫などに関係した研究にほぼ限られている。血清の外観は病態によって変化することがあり、診断に役だつ。黄疸(おうだん)指数は、血清の黄褐色の色調を調べたものである。

[本田良行]

『玉置嘉広・西向弘明著『血清型の知識』(1986・金原出版)』『鈴木鑑著『血清学免疫学入門』改訂第2版(1992・南山堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けっ‐せい【血清】
〘名〙 凝固した血液の上部に分離してできる淡黄色で透明な液体。成分は血漿(けっしょう)からフィブリノーゲンを取り除いたものに相当する。血清診断や血清療法に用いられる。
※風俗画報‐一四五号(1897)血清薬院「当院は、内務大臣の管理に属し、血清(ケッセイ)を製造し、一般民間に売下げらるるところにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

血清
ケッセイ
blood serum

新鮮な血液を放置すると血液凝固が起こり,ついで血餅(ぺい)退縮によって血球,フィブリンは塊状に収縮し,淡黄色透明な液を遊離する.これを血清という.化学成分は血漿中に存在するフィブリノーゲン欠如血液凝固因子の活性化,血小板から多量に放出されたセロトニンなどが存在すること以外に,血漿の組成とほとんど差がない.各種毒素に対する抗血清は血清療法として医学的に重要である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血清」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血清の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation