@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血漿交換

栄養・生化学辞典

血漿交換
 採取した血液から血漿を取り去り,血球部分を再び血液を提供した人に戻す方法.血球は別の同タイプの血漿や血清アルブミンなどと混合して戻される場合が多い.血漿の特別の成分を利用しようとする場合や,血漿中の有害成分を除くための治療などに用いられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

けっしょうこうかん【血漿交換】
 免疫異常(めんえきいじょう)にともなう末梢神経障害の治療に用いられます。免疫に関与する血液中のたんぱくであるγ(ガンマグロブリンを除くために、血球(赤血球(せっけっきゅう)、白血球(はっけっきゅう)、血小板(けっしょうばん))以外の血液成分(血漿)を交換するものです。
 とくにγグロブリンだけを除く二重膜(にじゅうまく)ろ過法(かほう)や、特定の抗体(こうたい)だけを除く免疫吸着法(めんえききゅうちゃくほう)も行なわれます。
 ギラン・バレー症候群の急性期に威力を発揮します。
 正常のγグロブリンを大量に用いる方法も同様な効果があることが報告されていますが、保険診療ではまだ用いることができません。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

血漿交換」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血漿交換の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation