@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血痰【ケッタン】

デジタル大辞泉

けっ‐たん【血×痰】
血のまじっている

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けったん【血痰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けったん【血痰】
血がまじった痰。気管支拡張症・肺癌・肺結核・肺炎などの際にみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

血痰
けったん
血液の混じった痰のことで、血痰の出た状態は、広くは呼吸器系の出血である喀血(かっけつ)に含まれる。したがって血痰の場合も喀血と同様、消化器系の出血である吐血との区別が必要である。実際に血痰をみると、血液が痰の中に点状、斑(はん)状、あるいは線状に認められる。肺結核の場合、喀血(純粋血液の喀出)とされたものが、実は血痰である場合があるし、また肺癌(がん)では、血痰が持続することも少なくない。臨床的には、気管支拡張症の際に血痰が認められることがもっとも多いとされている。さらに、新潟県や四国・九州などでは肺ジストマの感染による肺吸虫症の可能性も考慮すべきである。痰の検査は、呼吸器疾患の診断に重要であり、量、外観、臭気、異常物質の存在などの肉眼的所見ばかりでなく、顕微鏡的検査、さらに細菌学的検査を行う必要がある。[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けっ‐たん【血痰】
〘名〙 のまじっている痰。肺結核肺癌気管支拡張症などに見られる。
あらたま(1921)〈斎藤茂吉〉編輯手記「血痰を喀くことがなかなか止まない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血痰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血痰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation