@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血管内凝固症候群【けっかんないぎょうこしょうこうぐん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

血管内凝固症候群
けっかんないぎょうこしょうこうぐん
disseminated intravascular coagulation syndrome
DICとも呼ばれ,感染症や,広範囲の熱傷,外傷などに伴い,血管内で凝固機能が異常に亢進し,全身毛細血管血液凝固が発生することにより起る。このとき,凝固因子血小板は大量に消費され,欠乏出血傾向が強まる。同時に各臓器は虚血のために機能不全となり,腎不全呼吸不全肝不全などが一斉に出現し,互いに影響を及ぼして多臓器不全 (MOF) と呼ばれる状態になる。出血については初期の皮膚出血から消化管出血頭蓋内出血も生じる。 DICに陥ると生命の危険はきわめて高いが,原因疾患が継続する間の改善は困難である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっかんないぎょうこしょうこうぐん【血管内凝固症候群 disseminated intravascular coagulation syndrome】
略称DIC。播種性血管内凝固症候群ともいう。広範な血管内で血液の凝固が起こる状態。血液は,血管内を循環している間は,通常,凝固しないものであるが,血管壁の変化,凝固促進物質の血管内への出現などで,血管内でも血液凝固が起こることがある。凝固によって生じた血栓であり,それが局所にとどまる場合は血栓症であるが,全身に広範に血管内凝固が起こり,微小血栓が散布されたような状態が起こると,血管内凝固症候群と称する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

血管内凝固症候群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血管内凝固症候群の関連情報

関連キーワード

播種性血管内凝固症候群播種性血管内凝固症候群新生児出血性疾患播種性血管内凝固症候群播種性血管内凝固症候群播種性血管内凝固症候群常位胎盤早期剥離毒蛇咬傷常位胎盤早期剥離(早剥)羊水塞栓(症)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation