@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血腫【けっしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

血腫
けっしゅ
hematoma
ともいう。出血の結果,相当量の血液が1ヵ所にたまり,凝固して腫瘤状になった状態をいう。各種の原因で体のいろいろな部位に起り,それによって耳血腫,動脈血腫,硬膜下血腫などに分けられる。血液が凝固せず,流動性を保つこともある。暗赤色を呈する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けっ‐しゅ【血腫】
内出血によって組織内に血液がたまり、こぶのようにはれあがったもの。皮下血腫、脳硬膜下血腫などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

血腫
 体内で出血し血液が組織内に滞留している状態.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けっしゅ【血腫 hematoma】
もともと内腔のない組織や臓器内に出血し,血液が1ヵ所にたまって腫瘤状となった状態をいう。内腔のあったところや管状ないし囊状の臓器内に出血し,血液がたまった状態は血瘤hematoceleとよばれ,血腫とは区別されている。また血腫は腫瘤状で血液の形成するが,広い範囲にわたって境界が不明りょうに血液が浸み出した状態は血性浸潤とよばれている。血腫の形成により,周囲組織を圧迫し出血のもととなった血管を圧迫して,出血を止める効果がみられることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

血腫
けっしゅ

臓器や組織内における出血は、大きさによって、点状出血、斑(はん)状出血、血腫に分かれ、血腫とは、出血した血液がひとかたまりとなってたまった状態をいう。病理学的には、心嚢(しんのう)血腫、卵管血腫、硬膜下血腫などが重要である。心嚢血腫は、心臓の壁が心筋梗塞(こうそく)などで弱くなり、破綻(はたん)した結果、心嚢内に多量の出血をきたしたものであり、これによって心機能が抑圧された状態を心タンポナーデとよび、急性死の原因となる。卵管血腫は、卵管妊娠などによって卵管に血液が貯留した状態をいい、ときに破裂して大量の腹腔(ふくくう)出血の原因となる。また、頭部や脳に外傷を受けた場合には、硬膜下に出血して、硬膜下血腫を形成することもまれではない。硬膜下血腫では、外傷後、数週間を経て、初めて症状を呈することもあるので、注意を要する。分娩(ぶんべん)の傷害として新生児におこる硬膜下出血、硬膜下血腫は、重要な死因の一つとされている。

[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血腫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血腫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation