@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

血色素量(ヘモグロビン(Hb))【けっしきそりょう】

生活習慣病用語辞典

血色素量(ヘモグロビン(Hb))
1cc の血液中の赤血球の中に含まれる血色素の量を調べる検査のこと。赤血球に含まれる鉄分とたんぱくが結合した物質で、値が低いと貧血とわかるが、貧血のタイプを調べるにはさらに詳しい血液検査を要します。QUPiO では男性で 13-18g/dl、女性で 12-16g/dl を正常値としています。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血色素量(ヘモグロビン(Hb))」の用語解説はコトバンクが提供しています。

血色素量(ヘモグロビン(Hb))の関連情報

関連キーワード

麻酔銃精液精子デバイ‐ヒュッケルの理論100%のC型肝炎ウイルス駆除に向けて

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation