@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衆徒【シュト】

デジタル大辞泉

しゅ‐と【衆徒】
平安時代以後、諸大寺に止宿していた多くの僧。のちには僧兵をもいう。衆僧僧徒。しゅうと。
特に、中世、奈良興福寺兵。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐と【衆徒】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうと【衆徒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衆徒
しゅと
持戒清僧をいうこともあるが,一般には,平安時代以降諸大寺に宿していた多数の僧侶総称に用いる。院政時代延暦寺,興福寺などの強訴の主体となった衆徒,大衆と呼ばれるものがそれである。興福寺では,遅くとも南北朝時代には学業僧である学侶六方衆とは別に,衆徒と呼ばれ弓矢専業とする僧兵の棟梁たちがいた。彼らは国中に散住したが,そのうち 20人は興福寺内に住し官符衆徒と称された。衆徒は一乗院と大乗院に分属したが,なかでも筒井 (一乗院) ,古市豊田 (大乗院) などは有名で,戦国時代には次第に独立し,大名化していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衆徒
しゅうと
衆徒」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐と【衆徒】
※色葉字類抄(1177‐81)「衆徒 シウト」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐と【衆徒】
〘名〙
① 平安時代以後、京都・奈良の諸大寺に止宿していた多くの僧侶。衆僧。僧徒。しゅうと。
※色葉字類抄(1177‐81)「衆徒 シュト」
② 比叡山で、上の階級に属する僧をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 特に奈良興福寺で、武器をもって社頭や寺門を防御した下級僧侶をいう。寺中衆徒(寺住衆徒)と田舎衆徒があり、特に寺中衆徒を呼ぶことが多いが、混用することもある。大乗院と一乗院に分かれて所属した。
※経覚私要鈔‐応永二二年(1415)一一月一二日「衆徒へ御教書案 鶴夜叉法師父子両人装束事 衆中楚忽沙汰以外候」
[補注]「色葉字類抄」の例、前田本では「シウト」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衆徒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衆徒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation