@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衆議院【しゅうぎいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衆議院
しゅうぎいん
House of Representatives
日本の国会を構成する議院両院制における下院にあたる。全国民の代表によって構成され,議員定数は 2016年の公職選挙法改正により 465(改正前 475)。議員の任期は 4年。ただし解散があり,衆議院解散の場合,任期は満了前に終了する。選挙は小選挙区比例代表並立制で行なわれ(→小選挙区制比例代表制),小選挙区 289人,比例代表 176人を選出する。衆議院は 1889年の帝国議会以来の伝統をもつ。第2次世界大戦前は貴族院と対等の立場しか保障されなかったが,戦後は衆議院優越の原則が確立され,法律や予算の議決条約の承認,内閣総理大臣の指名などについて参議院に対する優越が制度化されている。また議院内閣制に基づき政権の基盤を構成することが求められ,1947年の国会改革以降,歴代の総理大臣は衆議院議員で占められている。(→衆議院議員総選挙

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅうぎ‐いん〔‐ヰン〕【衆議院】
日本国憲法のもとで、参議院とともに国会を構成する両院の一。総選挙で選出された、全国民を代表する議員で組織される。解散のあることが参議院と異なるが、法律の再議決、予算の先議・議決、条約の承認などについて優越した地位を有する。→参議院
明治憲法下で、貴族院とともに帝国議会を構成した一院。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうぎいん【衆議院】
(1)大日本帝国憲法下において,貴族院とともに帝国議会を構成した議院(大日本帝国憲法33条)。貴族院が皇族華族勅任議員により構成されたのに対して,衆議院は,公選議員により組織され(35条),法的には,貴族院と同等の権限を有していた(ただし,解散は衆議院についてのみ認められ,予算は衆議院において先議された)。もっとも,政治的には,国民によって選挙された議員からなる衆議院が国民を代表するものとされ,その結果,帝国議会においても,漸次政治の重点は衆議院に置かれるようになり,大正デモクラシー期を中心に,一時期,衆議院の多数党が内閣を組織する〈憲政常道〉が行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうぎいん【衆議院】
現行憲法下、参議院とともに国会を構成する議院。法律案・予算案の議決、条約の承認などについて参議院に優先する権限をもつ。
旧憲法下、貴族院とともに帝国議会を構成した議院。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衆議院
しゅうぎいん
二院制議会において、民選議員によって組織される一院で、下院にあたる。日本では参議院とともに国会を構成する。1890年(明治23)11月29日、明治憲法(大日本帝国憲法)の規定により開院され、貴族院とともに帝国議会を構成したのがもとの衆議院で、現在のものは第二次世界大戦後の1947年(昭和22)5月20日、日本国憲法の規定により開院された。以後、長年にわたり中選挙区制によって選ばれた公選議員により組織されてきたが、1994年(平成6)に選挙制度が改められ、以後、議員は比例代表制を加味した小選挙区制(小選挙区比例代表並立制)によって選ばれている。定数は475(小選挙区選出295、比例代表選出180)、任期4年である。
 一般に二院制(両院制)においては、下院は、上院とはその組織原理を異にし、国民の意思を直接代表するものと考えられているが、日本も例外ではなく、衆議院の権限は参議院より強い。たとえば、参議院のもたない内閣不信任決議権を有し、法律・予算の議決や条約の承認、内閣総理大臣の指名などにおいて、衆議院の議決は参議院の議決に優先する。このような衆議院(下院)の優越は、一般に現代の民主国家に共通する現象である。衆議院では、解散により民意を反映させる制度があるが、衆議院に代表される国民の意思が、現実に正しく民意を反映しているかどうかについては、それが政治的神話に転化する可能性が高いとされる(「国民代表の神話性」などといわれる)。このような民意政治の形成に潜む不信を基にして、これまで、いわゆる圧力団体によるロビイング、集団行動に基づくデモンストレーション、市民運動によって支えられた政策の提言などの現象がみられた。衆議院が民意を代表する機関として活動するためには、これに対する国民の不断の監視とコントロールが必須(ひっす)の条件と考えられる。
 衆議院の選挙区、定数に関して、中選挙区時代に、1964年、1975年、1986年、1992年と更正されたが、それでも各選挙時において議員定数と選挙人の人口との比率が各選挙区の間で大幅に異なり(議員定数不均衡の問題という)、選挙区の間の格差の解消にはほど遠かった。そのため選挙権の平等に反するとして違憲訴訟がたびたび起こされてきた。1994年に改正された選挙制度における小選挙区間の較差は2倍をやや上回る範囲となっており、較差は縮まったが、根本的解決はまだされていない。[池田政章]
『樋口陽一著『近代国民国家の憲法構造』(1994・東京大学出版会) ▽内野正幸著『民主制の欠点』(2005・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅうぎ‐いん ‥ヰン【衆議院】
〘名〙
① 旧憲法下で、貴族院とともに帝国議会を構成した一院。公選された議員によって組織された。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)三三条「帝国議会は貴族院衆議院の両院を以て成立す」
② 現行憲法の下で、参議院とともに国会を構成する一院。全国民を代表する選挙された議員で組織される。法律の制定、予算の議決、条約の承認、内閣総理大臣の選任の議決について、参議院に対して優越した地位を有する。
※日本国憲法(1946)四二条「国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

衆議院
しゅうぎいん
日本の立法機関の一つ
①大日本帝国憲法下,1890年から貴族院とともに帝国議会を構成。公選議員により組織され,予算の先議権をもつほかは貴族院と同一権限を有した。しかし,貴族院によって牽制され枢密院の抑圧をうけ,力の弱いものであった。
②日本国憲法下,1947年から参議院とともに国会を構成。男女普通選挙により選出された議員により組織され,法律・予算案議決,条約承認,首相指名など,参議院よりも優越した権限を有する。定数480名。任期は4年で,解散制がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衆議院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衆議院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation