@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

行人【ギョウニン】

デジタル大辞泉

ぎょう‐にん〔ギヤウ‐〕【行人】
仏道を修行する人。行者(ぎょうじゃ)。
比叡山延暦寺堂衆(どうじゅ)。
高野山で、山中修行する者。また、高野三方(さんかた)の一で、学僧法事や修行などをするとき、雑事を務める
近世の乞食僧(こじきそう)。一つ歯の高木履(たかぼくり)または鳥足を履き、頭に水を入れた木桶などを載せ、喜捨を仰いだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じん〔カウ‐〕【行人】
道を行く人。通行人。また、旅人。
使者。
「公私―」〈延喜式・兵部省〉
[補説]書名別項。→行人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうじん【行人】[書名・戯曲]
夏目漱石の小説。大正元~2年(1912~1913)発表。互いに理解しえない夫婦生活を通し、知識自我意識と孤独を描く。
《原題、〈フランス〉Le Passantコペーによる戯曲一幕韻文劇。1869年、オデオン座にて初演行きずりの人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうにん【行人】
行者というのが本来の語義であるが,諸堂の管理(堂預,鍵預など)や供華点灯をはじめ,炊事,給仕など寺院において世俗的な雑務に従事する僧侶を指す。したがって,その名称は職掌に応じて多様で,承仕(じようじ),夏衆(げしゆう)(花衆),花摘,道心,堂衆(どうじゆ),長床衆(ながとこしゆう)などとも呼ばれた。半僧半俗の者が多く,寺内にあっては,学侶(がくりよ)より一段下位とされていた。山伏優婆塞(うばそく)のいわゆる修験者はこの行人の中に属しており,僧兵もおもにこの行人をもって構成され,中央への強訴年貢徴収にあたるなど武力を行使する場合もあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょうにん【行人】
修行僧。行者。
延暦寺で、寺の雑役をする人。堂衆。
高野山で雑役に従事した下級の僧。中世以後、学侶・聖ひじりとともに高野三方こうやさんかたの一として真言密教修学のかたわら、大峰・葛城かつらぎなどの山々で修験の行を行なった。
諸方を巡り経文を唱えるなどして金品を請う僧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうじん【行人】
道を歩いて行く人。また、旅人。
使者。
出征兵士。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうじん【行人】
小説。夏目漱石作。1914年(大正3)刊。妻への不信感から人間社会自体へも憎しみを持つに至る一郎の、深刻な孤独感を描き、無心の境地には到達できない近代知識人の苦悩を示す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

行人
ぎょうにん
苦行をする人の意で、行者と同じであるが、行者が苦行の結果の霊力で人のために加持祈祷(かじきとう)するのに対し、行人は苦行そのものによって神や仏に奉仕する。修験道(しゅげんどう)の山にはこのような行人がいて、堂舎に花を献じ、閼伽(あか)(水)と香を供えた。高野山(こうやさん)の行人はその代表的なものであり、やがて武力も蓄えるようになった。比叡山(ひえいざん)の行人は夏衆(げしゅ)(花衆)とか堂衆(どうしゅ)とかよばれて回峰行(かいほうぎょう)を行ったが、平安末期から僧兵化して学生(がくしょう)(学侶(がくりょ))を圧倒した。すなわち、行人は苦行によって罪穢(つみけがれ)を滅ぼして、神仏に仕えるという職能を忘れて、暴力化したのである。しかし、このような行人がなければ、外敵や武士の侵略から一山を守ることができないので、寺はその自由を許し、荘園(しょうえん)の経営を任せた。比叡山の日吉(ひえ)社の神人(じにん)も行人である。特殊な行人に出羽(でわ)三山の行人があり、一世(いっせ)行人ともよばれて、1000日、2000日の苦行ののち、断食(だんじき)断水によって即身成仏(そくしんじょうぶつ)する誓願をたてた。そして実際に即身仏となった例が湯殿山(ゆどのさん)の行人から出た。[五来 重]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おこない‐びと おこなひ‥【行人】
〘名〙
① 仏道を修行する人。修行者。おこないと。
※書紀(720)敏達一三年是歳(前田本訓)「池辺直氷田を遣はして、四方(よも)に使はして、修行者(オコナヒひト)を訪(と)ひ覔(もと)めしむ」
② 仙術を行なう人。道士。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「山中に曚雲国師(もううんこくし)といふ一人の道士(オコナヒビト)(ゐま)すなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょう‐にん ギャウ‥【行人】
〘名〙
① 修行者。行者(ぎょうじゃ)
※霊異記(810‐824)下「書を授くとは、新に種子を重ね、行人の宗智を加ふるなり」
※今昔(1120頃か)一四「日蔵が師也ける行人(ぎゃうにん)は〈略〉遙に深き山の奥に入て仏法を修行して」
② 特に、比叡山延暦寺の堂衆(どうじゅ)
※平家(13C前)二「堂衆と申は、学生の所従也ける童部が法師になったるや、若(もし)は中間法師原にてありけるが、〈略〉近年行人とて、大衆をも事共せざりしが、かく度々の戦にうちかちぬ」
③ 高野山の僧で、密教修学のかたわら、大峰(おおみね)、葛城(かつらぎ)などの山々を修練、行法する者。また広義には、行人方(ぎょうにんがた)をいう。
※高野山文書‐文祿三年(1594)三月三日・豊臣秀吉朱印状「弐千石 ぎゃう人弐千人、一人に壱石宛」
④ 乞食僧。
※禁令考‐前集・第五・巻四八・寛文二年(1662)九月一八日「一 出家山伏行人願ん人町家宿貸候はば」
⑤ 富士詣でをする人。
※俳諧・俳諧歳時記(1803)上「富士詣〈略〉その人を行人或は道者といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じん カウ‥【行人】
[1] 〘名〙
① 道を行く人。旅をしている人。また、世路をあゆむ人。
※懐風藻(751)奉西海道節度使之作〈藤原宇合〉「行人一生裏、幾度倦辺兵
※太平記(14C後)五「道を急ぐ行人も馬より下て是に跪づき」 〔易経‐无妄卦〕
② 使者。
※続日本紀‐養老四年(720)三月己巳「庸調運脚者、量路程遠近、運物軽重、均出戸内脚資行人労費
③ 賓客の接待をつかさどる官の中国風の呼び名。
※本朝文粋(1060頃)二・封事三箇条〈菅原文時〉「国家故事。蕃客朝時。択通賢之倫。任行人之。礼遇之中。賓主闘筆」 〔春秋左伝‐文公四年〕
④ 出征兵士。〔杜甫‐兵車行〕
[2] 小説。夏目漱石作。大正元年~二年(一九一二‐一三)発表。互いを理解しえない夫婦生活を通して、主人公の孤独な魂の苦悩を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆく【行】 人(ひと)
① 道行く人。たびびと。行人(こうじん)
※土左(935頃)承平五年一月七日「ゆくひともとまるも袖の涙がはみぎはのみこそぬれまさりけれ」
② 冥土へ行く人。死者。
※俳諧・犬子集(1633)二「行人は浄土の春の花見哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆく‐ひと【行人】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation