@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

行商人【ギョウショウニン】

デジタル大辞泉

ぎょうしょうにん【行商人】[絵画]
原題、〈オランダDe marskramerボッシュ絵画。板に油彩。直径65センチの円形の作品。売春宿を背景に、行商人または放浪者と見なされる貧しい身なりの男が歩く姿を描く。ロッテルダム、ボイマンス美術館所蔵。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょうしょう‐にん〔ギヤウシヤウ‐〕【行商人】
行商してまわる商人。
[補説]作品名別項。→行商人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうしょうにん【行商人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょうしょうにん【行商人】
行商をする人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょうしょう‐にん ギャウシャウ‥【行商人】
〘名〙 商品を持って売り歩く商人。こうしょうにん。
※朝野新聞‐明治一九年(1886)四月八日「行商人取締規則を設け届出づべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

行商人
ぎょうしょうにん
店舗を持たず,買い手を訪問して売り歩く商人
古代から存在し,中世にはを結成して遠隔地行商に従った。近世以降は店舗商業および商品輸送組織の発展に伴い,その意義を減じたが,近江商人,富山の売薬商人は有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行商人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行商人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation