@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

行基【ぎょうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

行基
ぎょうき
[生]天智7(668).河内
[没]天平勝宝1(749).2.2. 奈良
奈良時代の僧。俗姓高志 (こし) 氏。 15歳で出家し,薬師寺で義淵らについて法相 (ほっそう) を学び,さらに山林で禅定 (ぜんじょう) を修した。母の忌服を終え,諸国を遊歴して自行化他 (じぎょうけた) に励み,これに従うものは 1000人をこえたという。弟子を連れて各所に橋を造り,堤を築いた。瀬戸内海に五泊 (ごとまり) を開いたのもその一例である。各地に布施屋 (無料宿泊所) をつくり,摂津に田 150町を開墾し,さらに各地に道場 (尼院) を建て,畿内にあるものだけでも 49ヵ所に及んだ (四十九院) 。このような宗教活動は朝廷によってきびしい弾圧が加えられ,養老1 (717) 年4月の詔となって現れた。詔は,行基や弟子たちが巷でみだりに罪福を説き,家ごとに説教して歩き,施物を強要し,聖道と称して民衆を惑わし,ために民衆が生業を捨てて行基に従ったのでこれを禁止する,というものであった。しかし,朝廷は彼らの勢力を無視することができず,天平3 (731) 年,行基について修業するもので,男は 61歳以上,女は 55歳以上のものに入道することを許可した。同 15年,彼は当時行われていた東大寺大仏造営のため,諸方を勧誘して歩くことになった。彼が以前から民間に培っていた勢力が,大仏造営に利用されたわけである。同年1月 21日前例のない大僧正に任じられ,宗教上の最高の地に立った。同 21年,聖武天皇以下に菩薩戒を授けてのち,菅原寺東南院で 80歳の生涯を閉じた。彼にまつわる多くの霊験譚が伝えられ,また当時の人々は彼を行基菩薩と称したという。最古の日本全図は彼が作ったと伝えられる。 (→行基図 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

行基
朝廷から僧の資格を得ずに難民救済や民間布教、土木事業などを進めて弾圧された。しかし、民衆の支持背景に東大寺大仏建立への協力を要請され、大僧正の位を受けた。
(2007-07-04 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ぎょうき〔ギヤウキ〕【行基】
[668~749]奈良時代の僧。百済(くだら)系の渡来人、高志(こし)氏の出身和泉(いずみ)の人。法相(ほっそう)宗を学び、諸国を巡って布教。民衆とともに道路・堤防・橋や寺院の建設にあたったが、僧尼令違反として禁止された。のち、聖武天皇帰依を受け、東大寺国分寺建立に協力。日本最初の大僧正の位を授けられた。行基菩薩。ぎょうぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

行基 ぎょうき
668-749 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
天智(てんじ)天皇7年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の人。義淵(ぎいん),道昭に法相(ほっそう)をまなぶ。各地で布教のかたわら架橋,築堤,池溝開削,布施(ふせ)屋の設置などにつくして多数の信者を得,菩薩(ぼさつ)とあがめられる。その活動は百姓をまどわすとして一時禁圧されるが,聖武(しょうむ)天皇の帰依(きえ)をうけ,天平(てんぴょう)15年東大寺大仏造営の勧進(かんじん)をおこなった。17年わが国初の大僧正。畿内に49寺院をひらいた。天平21年2月2日死去。82歳。俗姓は高志(こし)。
【格言など】山鳥のほろほろと鳴く声聞けば父かとぞ思ふ母かとぞ思ふ(「玉葉和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぎょうき【行基】
668‐749(天智7‐天平勝宝1)
奈良時代の僧。父は高志才智(こしのさいち),母は蜂田古爾比売(はちたのこにひめ)。高志氏は百済系渡来人の書(文)(ふみ)氏の分派。行基は河内国(大阪府)大鳥郡の母方の家で生まれた(この地はのち和泉国に属した)。682年(天武11)15歳で出家し(飛鳥寺の道昭を師としたと考えられる),瑜伽論(ゆがろん),唯識論(ゆいしきろん)の教義をすぐ理解した。道昭は653年(白雉4)入唐し長安で玄奘(げんじよう)に師事し,同室に住むことを許され大きな影響を受け,経論をたずさえ帰国し,飛鳥寺の東南の禅院で弟子を養成するとともに,民間で井戸,船,橋などを造る社会事業にも努めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

行基
ぎょうき
(668―749)

奈良時代、社会事業に尽力した法相(ほっそう)宗の僧。父は百済(くだら)から渡来した王仁(わに)の子孫にあたる高志(こし)氏。和泉(いずみ)国(大阪府)の母の家(家原(えばら)寺の寺)に生まれ、15歳で出家。師は法相宗初伝の道昭(どうしょう)、その他の説がある。のち薬師寺の僧となり、土木技術の知識を学び、各地に橋を架け、堤を築き、池や溝を掘り、道をつけ、樋(ひ)を渡し、船息(ふなやど)をつくった。また当時、税として納められた諸国の産物を都へ運ぶ運脚夫は帰国の途中餓死する者が多かったので、彼らを収容し救うための施設として布施屋(ふせや)を9か所つくったと伝える。また、行基は各地を周遊したが、とどまった所に道場が建てられ、その数49院あったともいう。民衆への伝道にも努め、彼を慕って従う者1000名にも及び、行基菩薩(ぼさつ)と称された。717年(養老1)の詔(みことのり)では、行基とその徒が、町でみだりに罪福を説き、多くの人が仕事を放棄して集団をなして食物を乞(こ)い、仏教と国法とに違反している、と叱責(しっせき)されているが、のちに政府は、高齢の追随者には出家を認めるなど融和策をとった。さらに聖武(しょうむ)天皇の大仏造営に際しては、絶大な民衆への影響力により、大仏造営費の勧進(かんじん)に起用された。745年(天平17)78歳で大僧正に任ぜられ、仏教界における最高の地位を占めた。僧正は以前からあったが、行基が大僧正の初めである。大仏完成の3年前、天平(てんぴょう)21年2月2日、菅原寺(すがわらでら)で82歳で没した。

[田村晃祐 2017年6月20日]

『二葉憲香著『古代仏教思想史研究』(1962・永田文昌堂)』『井上薫著『行基』新装版(1987・吉川弘文館)』『根本誠二著『奈良仏教と行基伝承の展開』(1991・雄山閣出版)』『井上薫編『行基事典』(1997・国書刊行会)』『摂河泉古代寺院研究会編『行基の考古学』(2002・塙書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょうき ギャウキ【行基】
(「ぎょうぎ」とも) 奈良時代の僧。姓は高志氏。百済(くだら)王の子孫という。和泉の人。奈良明日香の元興(がんごう)寺の道昭の弟子。元興寺で出家得度する。「行基年譜」によればこの寺で民衆に説教したといわれる。また、民間遊行僧たちの指導者でもあり、のち諸国を行脚して説法した。道路の修理、堤防の築造、橋梁の架設、貯水池の設置などに努め、多くの寺院を建立。東大寺大仏造立の際には、勅命をうけて民衆の協力を求める。行基菩薩。天智七~天平二一年(六六八‐七四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

行基
ぎょうき
668〜749
奈良時代の高僧
和泉国(大阪府)の人。渡来系氏族高志 (こし) 氏の出身。弟子を率い池溝を開き布施屋(宿泊施設)をつくるなど社会事業につとめた。717年僧尼令違反のかどで民間布教を禁止されたが,聖武天皇により布教を公認された。のち東大寺大仏造営に際し,弟子を率いて協力し,により,745年最初の大僧正となった。生前から菩薩と仰がれ,死後は行基信仰が生まれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行基の関連情報

関連キーワード

高句麗朝鮮演劇金庾信アッシュールバニパル天智天皇コンスタンス2世天智天皇法苑珠林ウィタリアヌス近江令

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation