@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

行灯袴【アンドンバカマ】

デジタル大辞泉

あんどん‐ばかま【行×袴】
《形が行灯に似るところから》(まち)のない

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんどんばかま【行灯袴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

行灯袴
あんどんばかま
襠無袴(まちなしばかま)ともいい、外見は襠有袴と同様であるが、襠のない筒形で行灯に似ていることからこの名が出た。明治以後男子の礼装となった馬乗袴(うまのりばかま)(襠有袴)では、長着の裾(すそ)が襠の高さに引き上げられて平常の立ち居ふるまいに不便を感じるので、襠の高さを低くし、ついには襠無袴となったものである。男子の略装、また普段に用いられる袴で、着脱、歩行ともに肩の張らない気安さをもっている。布地は紬(つむぎ)、セルなどを用いる。女袴は行灯袴形式であるが、男子のものとは後ろ襞(ひだ)数、後ろ腰の形、紐(ひも)幅が異なる。男子の袴は後ろに投げ、前に笹襞(ささひだ)をつくるが、女子の袴は前後ともに笹襞にする。女袴の布地はサージ、カシミヤ、モスリンなど、色は黒、紺、えび茶などの無地を用いる。[藤本やす]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あんどん‐ばかま【行灯袴】
〘名〙 (形が丸行灯に似ているところから) 襠(まち)のないスカート状の袴。明治時代に女学生が着用し、後には男子も着用するようになった。袋袴。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉七「土焼の姉様が行燈袴(アンドンバカマ)穿いたやうな形(なり)して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行灯袴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行灯袴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation