@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

行灯【アンドウ】

デジタル大辞泉

あん‐どう【行灯】
あんどん(行灯)」に同じ。
「―の光で少し縫物をして居ますと」〈蘆花不如帰

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐どん【行灯】
《「あん(行)」は唐音》小型の照明具。木などでを作って紙を張り、中に油皿を置いて点するもの。あんどう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

行灯
江戸時代は、照明に油を使用した行灯を使用していました。価格が安い石油ランプか普及するまでは、住宅の照明として最も一般的なものでした。現在では、同じ構造で油の代わりに電球を使用して行灯を使っています。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

あんどん【行灯】
油用灯火具の一類。灯台(ともしだい)が油皿を台上におくのみで裸火をともすのに対して,行灯は油皿の周囲に立方形や円筒など形の框(わく)を作り,これに紙をはり,風のために灯火が吹き消されたりゆれ動くのを防ぐように,火袋(ひぶくろ)を装置した灯火具の総称である。〈行灯〉の文字は地方によっては〈あんど〉とも〈あんどう〉とも読まれている。〈あんどん〉と読むのは宋音で,室町時代に禅家によってひろめられた言葉であり,中国でも日本でも携行用の灯火という味で使われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

あんどん【行灯】
古く日本で用いられた照明器具の一つ。木や角形または円筒形の枠を作って紙を張り、底板に油皿を置いて火をともすもの。◇「あん」「どん」は「行」「灯」の唐宋音で、携行用の灯火の意。室町時代に禅家により携行用のものが用いられて広まったが、江戸時代にろうそくを用いる手燭(てしょく)や提灯(ちょうちん)が普及してからは、おもに室内などに据え置く灯火具とされた。ほかに壁に掛けるものなどもあり、明治時代半ばまで使用された。現在も和風照明器具のデザインに影響が見られる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

行灯
あんどん

油用灯火具の一種。底板に油皿(あぶらざら)を置き、その周囲に角形または丸形の枠をつくり、これに紙をはって火袋とし、灯火が風で消えたり、揺れ動くのを防ぐようにした灯火具の総称。「アンドン」の語は「行灯」の宋(そう)音で、室町時代に禅家によって広められ、携行用の灯火という意味で使われた。

 初めは、角形の枠に紙をはり、底板に油皿を置き、上部に取っ手をつけ、携行用の灯火具として用いられたが、江戸時代に入ると、ろうそくをともす手燭(てしょく)、提灯(ちょうちん)が普及するに及んで、屋外に行灯を持ち歩くことは廃れた。しかし、灯台にかわって、行灯は、屋内その他に据え置く灯火具として使用されるようになり、用途にしたがって、構造も多種多様の型が生まれた。手提(てさげ)行灯には、筒形の火の見行灯のほか、鉄網(かなあみ)製の土蔵(どぞう)行灯、鉄製透彫りの風雅な路地行灯があり、置(おき)行灯には、座敷の照明に用いられた丸形、角形、なつめ形などの座敷行灯のほか、店先に置いて看板、広告に利用された店先行灯などがあった。有明(ありあけ)行灯も座敷行灯の一種で、寝室の枕元(まくらもと)などに終夜ともし続ける特殊の行灯である。また、掛(かけ)行灯には、座敷、廊下などの柱にかけて照明に用いるものや、玄関、店先、屋台などにかけて看板、広告に用いるもの、社寺の参道などにかけて灯籠(とうろう)がわりに用いる地口(じぐち)行灯などがある。釣(つり)行灯には、古来の釣灯籠の形式を受け継いだものや、回(まわり)灯籠のようなものをはじめ、湯屋、寄席(よせ)、居酒屋などで使用した比較的明るい大形の八間(はちけん)(八方(はっぽう))などがある。辻(つじ)行灯は街路の照明のために置かれたが、吉原遊廓(よしわらゆうかく)内に立てられていた誰也(たそや)行灯もこの種の街灯であった。

 行灯の平均の明るさは0.2~0.5燭光(しょっこう)で、現在の10ワットの電球の7分の1の明るさであった。行灯は江戸時代を通じてもっとも多く使用された重要な灯火具であったが、ランプなどが広く使用されるようになった明治なかば以後、まったく廃れた。

[宮本瑞夫]

『宮本馨太郎著『燈火――その種類と変遷』(1964・六人社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あん‐ど【行灯】
〘名〙 (「あんどん」の変化した語) =あんどん(行灯)
※俳諧・猿蓑(1691)五「草村に蛙こはがる夕まぐれ〈凡兆〉 蕗の芽とりに行燈ゆりけす〈芭蕉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐どう【行灯】
〘名〙 (「あん」は「行」の唐宋音) =あんどん(行灯)
※元和本下学集(1617)「行燈 アンドフ」
※咄本・醒睡笑(1628)五「さらばあんどうをまゐらせよといふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐どん【行灯】
〘名〙 (「あん」「どん」はそれぞれ「行」「灯」の唐宋音)
① 昔の照明用具。木、竹、金属製の角形または円形のわくに紙を張り、なかに油皿をおいて火をともす。もと、さげて歩いたが、のちにはもっぱら室内に置いた。「ありあけ行灯」「かけ行灯」「じぐち行灯」「ろじ行灯」などの種類がある。あんど。あんどう。
※壒嚢鈔(1445‐46)三「灯呂を、あんとんちゃうちんなんと云文字如何。挑灯と書て、ちゃうちんとよみ、行灯(アントン)をあんとんとよむ、皆唐音歟」 〔韓維‐和景仁元夕詩〕
② 四、四〇、四〇〇などをいう雲助などの語。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「あび手があんどん(四十)に、五十(げんこ)はふんだくるべい」
③ 四方から枘差(ほぞざし)にすること。〔日本建築辞彙(1906)〕
④ (表装した形が①に似ているところから) 普通の寸法に比べて丈がつまっている軸物など。〔通人語辞典(1922)〕
[語誌](1)持ち運びが出来る灯火という意味の「行灯」の名で、中国から伝わったが、その後、持ち歩くものは「提灯(ちょうちん)」となり、固定して使うものが「行灯」の名で呼ばれた。
(2)語形は、当初、唐宋音に由来するアンドンであったが、トン(灯)がアン(行)ほど使われない音だったためか、近世期、アンドウ・アンドの形が優勢になった。明治以降は、再びアンドンが一般的となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行灯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

行灯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation