@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

術語【ジュツゴ】

デジタル大辞泉

じゅつ‐ご【術語】
学問・技術などの専門分野で、特に限定された意味で用いられる語。専門用語。学術語。テクニカルターム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅつご【術語】
学問・技術などの分野で、特に定義され限定されて、用いられる語。専門語。学術語。テクニカルターム。 英語 technical term の訳語。具氏博物学(1876~77年)にある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅつ‐ご【術語】
〘名〙 (technical term の訳語)
① 学問や技術の専門分野で、特に定義して使用する語。専門語。学術語。テクニカル‐ターム。
※具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉原序「学問上の順序を追ひ又術語を録したれども」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「なに、何でもいい、法律上の術語(ジュツゴ)だから」
② 特殊な社会だけで使用される語。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二五「『チャブタラ、スカタン』などの術語(ジュツゴ)を善し、巻煙草を咥へ、骨牌を弄し」
[語誌]「教育、心理、論理術語詳解」(一八八五)は、その書名に初めて「術語」を用いた。但し明治二〇年代の学術用語集は、「━字彙」という書名が多く、「術語」が一般に使用されるようになったのは、明治後期からである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

術語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

術語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation