@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衛星測位システム【エイセイソクイシステム】

デジタル大辞泉

えいせいそくい‐システム〔ヱイセイソクヰ‐〕【衛星測位システム】
複数の測位衛星から時刻情報つきの信号を受信し、地上での現在位置を計測するシステムの総称。特に全地球を対象とするものを指し、米国のGPS、ロシアのGLONASS(グロナス)EUガリレオが知られる。航空機・船舶測位や自動車のカーナビゲーションシステムに利用されるほか、近年では受信回路の小型化が進み、携帯電話スマートホン・腕時計などにも搭載されている。また、携帯電話の基地局の電波を補完的に用いることで、測位時間の短縮や、衛星電波を捉しにくい場所での測位も可能になった。衛星航法システム全地球航法衛星システムGNSS(global navigation satellite system)。
[補説]日本では初期からGPSを利用していたため、衛星測位システムを指してGPSとよぶことも多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛星測位システム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衛星測位システムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation