@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衛星都市【えいせいとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衛星都市
えいせいとし
satellite city
都市周辺にあり,大都市 (母都市) と社会・経済的に密接な関係をもち工業学園住宅など大都市の機能一部を受持っている中小都市。近年,大都市の過大化を防ぐため,計画的につくられたニュータウン衛星都市の一つである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいせい‐とし〔ヱイセイ‐〕【衛星都市】
大都市の周辺にあって、都市として独自の機能をもちながら、大都市の機能の一部を分担する中小都市。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいせいとし【衛星都市 satellite city】
大都市(母市)の周辺に位置していて,母市の機能の一部を分担している都市。職場への通勤や買物などを通じて,日常的に母市とのつながりが強く,母市のもつ都市圏構造の中に組み込まれている。大部分は住宅地の供給をおもな機能とした住宅衛星都市であって,都市としての独立性の弱い中小都市が多い。このため,行政上は別の組織体であるにせよ,あくまでも拡大された母市の一部とする研究者も少なくない。衛星都市という名称は,大都市から周辺に工場を移転させ,あわせて人口分散を図れと説いたG.R.テーラーによって,1915年に初めて用いられたものであるが,衛星都市の構想そのものは,1898年にE.ハワードが提唱した田園都市運動に由来していて,1903年にロンドン郊外に建設されたレッチワースや,これに続くウェルウィン(1919建設)はその代表的な例である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいせいとし【衛星都市】
大都市の周辺にあって、その機能の一部を分担している中小都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衛星都市
えいせいとし
satellite town
大都市圏にあって、母市の機能の一部を分担する都市。地球を回る月のような関係にあることから、衛星都市とよぶ。中心の大都市との間に、日常的な産業・社会活動の交流が行われ、通勤・通学、業務などの関係が濃い。単なる住宅地区、工場地区ではなく、都市としての中心性をもち、行政区画としても独立し、形態的にも中心都市から分離していることが本来の衛星都市の要件である。大ロンドンのニュータウンは、中心都市であるロンドン(東京区部にあたる)から緑地帯(グリーンベルト)によって隔てられた外側に配置され、住民の就業場所を提供し、近隣居住区を整備し、質の高い生活を約束している。ここは夜間に通勤者が眠るためだけに帰る宿舎(ドーミトリー)、日本流にいうベッドタウン(住宅都市)ではない。武蔵野(むさしの)市や豊中(とよなか)市は、それぞれ東京あるいは大阪の住宅地区として整えられているが、衛星都市としての独立性に乏しい。[木内信藏・菅野峰明]

成長と変容

大都市の周辺に独立して発達した小都市が、大都市圏に取り込まれて通勤者を中心都市に送り出す住宅都市となったり、あるいは中心都市の工場、卸売り、港湾などの機能が新しい立地を求めて大都市の周辺に計画されて衛星都市となる場合がある。また、農村の田野を開いて新たに建設される田園都市、あるいはニュータウンもある。
 イギリスの田園都市garden cityは、E・ハワード(イギリス)の『明日の田園都市』に書かれた理想を求めて実現したロンドン近郊のレッチワース、ウェリン(ウェルウイン)を引き継ぎ発展させたものである。最初の目標は、都市と農村の調和、自由と協同の社会であって、工場に働くかたわら農園を耕す職住一体の生活であった。第二次世界大戦後にニュータウンとして制度上整えて建設が進み、ロンドン周辺に8市、イギリス各地に20市が1970年初めまでに成立した。各市の人口は、完成時1万ないし10万が多く、最大26万を超えなかった。しかし、限られた数のニュータウンでは、大ロンドン圏への人口の流入は処理できず、既存の都市を整備拡張して対処することとなった。
 ニュータウンはフィンランドのタピオラをはじめとして、各国にも計画が普及していった。しかし、それらの目標や形状はいろいろである。たとえば、東京の多摩ニュータウン、大阪の千里(せんり)ニュータウンは、10万を超える規模をもち、中心都市への通勤住宅地となっており、イギリスのニュータウンとは性質が異なっている。筑波(つくば)研究学園都市は首都の過密を分散するために、林野を開いてつくられたユニークなものである。それらに対して、東京周辺の八王子市、大宮市(2001年に浦和市、与野市と合併してさいたま市となる)、千葉市、大阪周辺の奈良市、高槻(たかつき)市などは、既存の城下町、行政中心地、地方経済の中心都市などが郊外化の波を受けて衛星都市となった例である。しかし、大都市の拡大発展に伴って、大都市の機能の一部が外縁部に押しやられると、大都市と距離が近い衛星都市はしだいに結び付きが強くなり、その結果、衛星都市の独自性が薄まる。[木内信藏・菅野峰明]

衛星都市の問題

衛星都市は、健康な住居、よりよい労働条件、高い文化水準などを満足させる新しい都市である。しかし、その成長の過程で種々な問題も出てきている。第一は宅地化の進展による自然環境の破壊であり、第二は地価の高騰から住宅地の立地や質が保たれがたいこと、第三は人口の増加、社会構成の変化に対して福祉・教育などの対応の遅れがあること、第四は人口密度の増加、産業活動による社会環境の悪化が進むことである。衛星都市に多くの投資をするか、中心都市を再開発するかは選択を迫られる課題である。[木内信藏・菅野峰明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいせい‐とし ヱイセイ‥【衛星都市】
〘名〙 大都市の周辺にあって、それ自体都市としての主体性を持ちながら、大都市の機能の一部をも受け持つ中小都市。その機能によって工業都市、住宅都市などに分類される。
[補注]今和治郎の「新版大東京案内‐序曲」(一九二九)に「かかる現象を称してわれわれは単一巨大都市から、衛星付巨大都市への趨向といふ」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛星都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衛星都市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation