@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衛生【エイセイ】

デジタル大辞泉

えい‐せい〔ヱイ‐〕【衛生】
健康の維持向上を図るとともに、疾病予防治療につとめること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

衛生
 (1) 衛生学ともいう.健康の科学,健康維持のための科学を専門とする医学分野.(2) 健康を維持するために環境に働きかける行為

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいせい【衛生】
(身の回りを清潔にして)健康を保ち、病気にかからないようにすること。 -に気をつける -上よくない 漢籍では生命を守るの意。明治期に英語 hygiene の訳語として現れ、1875年に内務省に衛生局が設けられる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐せい ヱイ‥【衛生】
〘名〙 (生命をまもる意)
① 健康を保ち、病気の予防、治癒をはかること。
※羅山先生詩集(1662)六七「炎皇徳与日星明、後世叨叨云衛生
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「衛生(エイセイ)の為にとて、人々群集(むれつど)ふわけにてはあらじ」 〔荘子‐庚桑楚〕
② 公共施設の清掃などを業とする人。
※貧民窟探検記(1906)〈木工冠者〉八「『衛生』と称する市役所市内大掃除人夫」
[語誌]生命を守るという意味の「衛生」は漢籍に見え、日本でもその例を近世以降見出せるが、明治初期に英語 hygiology の訳語に当てられたこと、さらに明治九年(一八七六)、内務省に設けられた国民の病気予防のための行政機関名として「衛生局」を用いたことが、この語のその後の普及に大きく寄与したと考えられる。→「けんぜん(健全)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衛生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation