@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衛門府【えもんふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

衛門府
えもんふ
古代,禁中の守衛,諸門の開閉などを司った役所。大宝令の兵制では1衛門であったが,弘仁2 (811) 年,左右の2衛門府となった。 (→衛府 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えもん‐ふ〔ヱモン‐〕【衛門府】
律令制の官司の一。宮城諸門の警備部署巡検行幸の先駆けなどにあたった。大同3年(808)左右衛士府(えじふ)併合、弘仁2年(811)左右衛門府となった。職員は、多く検非違使(けびいし)を兼任した。靫負司(ゆげいのつかさ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えもんふ【衛門府】
日本古代の中央軍事機構としての衛府の一つ。大宝・養老令制では左右衛士府,左右兵衛府とともに五衛府を形成した。その成立は701年(大宝1)ころとみられる。督,佐,大尉,少尉,大志,少志などの官人があり,大化前代靫負(ゆげい)の系譜をひく門部200人と,農民出身の衛士とが武力として配置され,また刑罰執行にあたる物部30人も所属した。衛門府衛士の数は時に応じて増減があり,741年(天平13)には200人を加置,805年(延暦24)には400人から300人に減員した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

衛門府
えもんふ

五衛府の一つ。和名「ゆげいのつかさ」。武力は門部(かどべ)200、物部(もののべ)30、衛士数百。隼人(はやと)司を管掌し、衛門、隼人、門の出入の管理にあたった。衛門、門の出入の管理は、大宝律令(たいほうりつりょう)(701)直前には宮守官があたっており、衛門府の成立はそれ以降であろう。

[野田嶺志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えもん‐ふ ヱモン‥【衛門府】
〘名〙 令制の官司の一つ。宮城諸門を警衛し、その開閉、通行の検察をし、また隼人司(はやとのつかさ)を管した。督(かみ)、佐(すけ)、大尉(だいじょう)二人、少尉(しょうじょう)二人、大志(だいさかん)二人、少志(しょうさかん)二人のほか、門部(かどべ)二〇〇人、物部三〇人などが置かれていた。のち、大同三年(八〇八)衛門府を左右衛士府に併合し、さらに弘仁二年(八一一)これを左右衛門府と改称した。その職員は多く検非違使を兼任して、訴訟、犯罪の検断に当たった。衛門。靫負府(ゆげいふ)。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

衛門府
えもんふ
律令制下,五衛府の一つ
宮城門の警備にあたったが,808年左右衛士府に合併された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衛門府」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衛門府の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation