@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衝立【ツイタテ】

デジタル大辞泉

つい‐たて【衝立】
室内に立てて、部屋を仕切ったり、目隠ししたりする家具。
衝立障子(しょうじ)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ついたて【衝立】
衝立障子(障子)の略。支脚台の上に襖(ふすま)障子や板障子などを立てて目隠しや間仕切に使うもの。古くから使われていたようだが,平安時代に住宅用家具として発達した。当時の衝立障子は布,,紙などを張り,周囲に唐錦の縁取りをし,框(かまち)と支脚台は木製漆塗で金銅金具が打ってある。布の場合は墨絵,絹と紙には彩色絵が描かれる。また通(ず)障子((すかし)障子)といって錦張りの障子の中に四角い窓をあけ,ここに御簾(みす)をかけたものもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ついたて【衝立】
「衝立障子しようじ」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衝立
ついたて
(ふすま)障子や板障子などに台をつけて立て、間仕切りや目隠しに用いるもの。玄関や座敷、また飲食店などで座席を分け屏障(へいしょう)したりするのに用いる。衝立障子の略。「ついたて」は「突き立てる」意の大和(やまと)ことば。中国語ではこれも屏風とよぶことから考えると、衝立は古くから日本でつくられていたものであろう。古くは莚(むしろ)や薦(こも)などでつくられたようであるが、平安時代には布、絹、紙を張った襖障子の衝立や、通(ず)障子(透(すか)し障子)といい、襖障子に窓をあけ御簾(みす)を掛けたものなどが生まれ、宮中や貴族住宅で盛んに用いられた。近世、近代になり一般民衆が使うようになると材料、意匠はより豊富になり、用途も多様化し、現代では洋風意匠の衝立もつくられている。[小泉和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つい‐たち【衝立】
※能因本枕(10C終)一三七「などて官得はじめたる六位尺に、職の御曹司の辰巳の隅のついたちの板をせしぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つい‐たて【衝立】
〘名〙 「ついたてしょうじ(衝立障子)」の略。《季・冬》
※俳諧・雑談集(1692)下「女使はこはぬ物申〈岩翁〉 築楯(ツイタテ)にかかる浴衣やおもはゆき〈其角〉」
※落語・磯の白浪(1890)〈七代目土橋亭りう馬〉「此話を最前から衝立(ツイタテ)の陰で聞いて居た男は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衝立」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衝立の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation