@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衣川の館【コロモガワノタテ】

デジタル大辞泉

ころもがわ‐の‐たて〔ころもがは‐〕【衣川の館】
岩手県西磐井(にしいわい)郡平泉町にあったやかた。源義経が文治5年(1189)藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の子泰衡に襲われて自刃した所。義経像をまつる義経堂がある。高(たかだち)。判官館(ほうがんやかた)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ころもがわのたて【衣川の館】
岩手県奥州市衣川区付近に設けられた古代の館・城柵。前九年の役で陸奥の安倍貞任が源頼義に敗れた激戦場。ころものたて。
高館たかだちの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ころもがわ【衣川】 の 館(たて)
岩手県西磐井郡平泉町にあったといわれる防御設備をそなえたやかた。安倍頼時が築き、安倍氏の本拠となる。「古今著聞集」にみえ、八幡太郎義家と安倍貞任が連歌を詠んだ故事で有名。また、源義経が文治五年(一一八九)藤原秀衡の子泰衡に襲われて自刃した場所、高館(たかだち)もこう呼ばれるが、これについては、さらに別の地をさすとする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣川の館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衣川の館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation