@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衣紋竹【エモンダケ】

デジタル大辞泉

えもん‐だけ【衣紋竹】
竹製の衣紋掛け 夏》「抜衣紋して衣(きぬ)かかる―/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えもんだけ【衣紋竹】
竹製の衣紋掛け。 [季] 夏。 一つある窓塞がりて- /長谷川かな女

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

衣紋竹
えもんだけ
和服を掛ける道具。衣紋竿(ざお)、衣紋掛けともいう。洋服用のものはハンガーという。衣紋というのは公家(くげ)の装束(しょうぞく)の着付からおこったことばである。和服を脱いだあと、衣紋竹に肩、袖(そで)を通してつるすと湿気が除かれ、しわがとれて形が整う。衣紋竹は竹製または木製で、朱や黒漆塗りのものもある。60~80センチメートルぐらいの長さの棒の両端を少し曲げてあり、中央につり下げ用の紐(ひも)または金具がついている。また折り畳み式のものもある。衣紋竹は、汗のついた着物をつるして干すことから、「衣紋竿」「帷子(かたびら)竿」とともに夏の季語となっている。[岡野和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えもん‐だけ【衣紋竹】
〘名〙 竹製のえもんかけ。《・夏》
※滑稽本・和合人(1823‐44)三「合羽をとりやせう。是はまま衣紋竹へ懸けておいて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣紋竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衣紋竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation