@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

衣里【ころものさと】

精選版 日本国語大辞典

ころも‐の‐さと【衣里】
[一] 岩手県西磐井郡平泉町の古い呼び名。衣川の柵(き)があったので、衣川の里ともいう。古来、歌枕として知られる。
※夫木(1310頃)三一「わぎもこが衣の里の梅の花さそくれなゐの色にさくらん〈藤原定家〉」
[二] 愛知県豊田市の旧称である挙母(ころも)の古い呼び名。歌枕。
※夫木(1310頃)七「白妙にさきかさなれる卯の花は衣の里のつまにぞありける〈藤原忠隆〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

衣里の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation