@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

表具師【ヒョウグシ】

デジタル大辞泉

ひょうぐ‐し〔ヘウグ‐〕【表具師】
表具を業とする人。表具屋経師屋(きょうじや)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

表具師
表具師とは、掛け軸や額を作ったり、ふすま〕や屏風〔びょうぶ〕を仕立てたりする職人の事です。仏教伝来とともに日本に伝わり、仏教と深い関わりがあります。特に昔から寺社の多い京都で発展しました。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

ひょうぐし【表具師】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

表具師
ひょうぐし

表具を専業とする職人。表具とは紙や布を糊(のり)で張り付けることで、掛物などの表具をする14世紀末の裱褙(ひょうほい)師が前身である。17世紀から、掛物のほかに屏風(びょうぶ)の張り付けや巻物の表具も行うようになり、13世紀からあった経師(きょうじ)の仕事と重なり、表具師・表具屋と経師・経師屋は同じ業態となった。表具師は建具の襖(ふすま)や障子の紙張り・張り替えもするようになった。居職(いじょく)が主である。

[遠藤元男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうぐ‐し ヘウグ‥【表具師】
〘名〙 表具を業とする人。表具屋。経師屋(きょうじや)。表装師。表褙師(ひょうはいし)
※訓蒙図彙(1666)四「褙匠(はいしゃう) 今按へうぐし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表具師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

表具師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation