@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

表現主義音楽【ひょうげんしゅぎおんがく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

表現主義音楽
ひょうげんしゅぎおんがく

おもに新ウィーン楽派を中心に、20世紀初頭から第二次世界大戦前夜まで展開されたドイツ・オーストリア文化圏における一音楽運動。絵画の分野でおこった表現主義運動が、シェーンベルク、ウェーベルン、ベルクらの作曲家たちの手により音楽に波及した。彼らはフランスの印象主義の絵画と音楽に対抗して、1910年代から20年代にかけてこの音楽運動を繰り広げた。先鋭な音程進行、極端な高音域や低音域の使用、自由な拍節やリズム、極端な強弱の交替、不協和音の頻出などをその特徴とする。とくに、カンディンスキー、ココシュカという表現主義の画家と親しかったシェーンベルクが重要で、彼の「無調時代」とよばれる1908~16年を中心に『浄(きよ)められた夜』(1899)、『月に憑(つ)かれたピエロ』(1912)、『「架空庭園の書」による15の歌曲』(1908~09)などに表現主義的色彩が濃い。弟子のベルクの二つのオペラ『ウォツェック』(1917~21)と『ルル』(1929~35、未完)は、それぞれビュヒナー、ウェーデキントの戯曲を原作にし、表現主義的傾向の絶頂を極めた作品である。

[細川周平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表現主義音楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

表現主義音楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation