@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

表紙【ヒョウシ】

デジタル大辞泉

ひょう‐し〔ヘウ‐〕【表紙】
書籍や帳簿の中身を保護し、内容表示・装飾などをするために取り付けられた厚紙・革・布などの外装の部分。
巻き物を巻いたとき、表に出る部分に貼る帛(ふはく)や

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうし【表紙 book‐cover】
日本では古くは,褾紙,裱紙とも書き,書皮(しよひ)ともいった。本の外側の部分で,内部を保護し,また形を保つためにある。古代オリエントのパピルス本は,巻子本(かんすぼん)に仕立てて表紙はつけず,皮などで作ったに数本ずつ納めて保存した。西洋では,4~5世紀に皮紙(ひし)を用いた冊子本(さつすぼん)が主流となるにつれ,表紙がつけられるようになる。中世には木の板を金で覆って,宝石や金銀細工などでけんらんたる装飾を施した重厚な表紙が作られるようになり,中身は散逸しても表紙板だけはしばしば伝存している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうし【表紙】
書物や帳簿などの外側に保護・装飾・内容表示などのために付けた、厚紙や革・布などのおおい。
巻物を巻いたときに表側に出るようにつけた布帛ふはくや紙。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

表紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation