@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

表袴【ウエノハカマ】

デジタル大辞泉

うえ‐の‐はかま〔うへ‐〕【×袴/上×袴】
男子が束帯のとき、大口袴の上にはく。前開き形式のもの。表は白、裏は紅。
少女が汗衫(かざみ)装束のときに用いる袴。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うえのはかま【表袴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

表袴
うえのはかま
公家(くげ)の衣服の一種。正装として用いられた束帯の下袴(したのはかま)の上にはく袴。形式は、前合せ式で、腰紐(こしひも)を右側で結ぶ。比較的細い四幅(よの)仕立てのため、返襠(かえしまち)とよんで、座りやすいように襠を帯状に別につくり、輪奈(わな)にして腰紐につけている。膝(ひざ)から下の部分には膝継といって、共裂(ともぎれ)の裾(すそ)がついている。また腰紐や裾の縁(ふち)は、おめりといって裏地より表地が1センチメートルほど控えて仕立ててある。表地は白で、天皇、皇太子、親王、公卿(くぎょう)の若年は浮織物で、文様は(か)に霰(あられ)、壮年は固地綾(あや)に文様は八ツ藤。殿上人(てんじょうびと)以下は無文綾。裏地はすべて赤の平絹を使い、宿老(しゅくろう)のみ白を用いる。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表袴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

表袴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation