@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

表高【おもてだか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

表高
おもてだか
江戸時代,大名将軍判物 (はんもつ) または朱印状によってその支配が承認された所領の石高内高が流動的であるのと違って固定的だった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おもて‐だか【表高】
江戸時代、大名の表向き禄高(ろくだか)。⇔内高(うちだか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おもてだか【表高】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おもてだか【表高】
江戸時代、大名・知行取りの表向きの石高。公称の禄高。 ⇔ 内高

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

表高
おもてだか
江戸幕府が公認した大名・旗本の所領高。御朱印高(ごしゅいんだか)ともいう。軍役・国役などの課役基準となった。実際の収穫高である内高(うちだか)とは異なる場合が多い。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おもて‐だか【表高】
〘名〙 豊臣時代以後、大名の表向きの知行高。武鑑などに登録された公式の所領高で、大名の負担する軍役、国役などの課役基準となり、江戸時代を通じてほとんど変わらなかった。御朱印高。
※御高問答(江戸中頃か)「村々に元高・概高(ならしだか)之別有之、元高は公儀表高に相当候儀に而、正保之概高は即御国高也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

表高
おもてだか
江戸時代,諸藩の表面上の石高
朱印状に記載され,幕府から大名領地として安堵された形式上の石高で,幕府に対する軍役などの負担は表高に応じてつとめた。これに対し実際の収穫高を内高・実高といい,新田開発などにより実高のほうが表高を上回る例が多かった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表高」の用語解説はコトバンクが提供しています。

表高の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation